· 

損切りができない人のための対処法


損切りに関する悩みは多くの人が抱えていると思います。

 

 

実際、私が個別指導している人の中にも何回言っても「損切り」ができない人がいらっしゃいます。

 

 

その人(Aさんとします)はこのようなケースです。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

成行注文をいれた後に逆指値注文(損切り注文)を最初にいれる

 

                                                                     ⇩⇩

 

逆指値注文にかかりそうになると逆指値注文を解除してしまう

逆指値注文を損失拡大方向にずらしてしまう

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

逆指値注文をいれる意味が全くなく、私はAさんに「FXをやめて別の投資の道を模索したほうが良いですよ」と言いましたが、「どうしてもFXで成果を出したいんだ」といって聞きいれませんでした。

 

 

だったら、「損切りしろよ!」って思いましたが(笑)

 

 

しょうがないので、良い方法がないものかと考えました。

 

 

そして、以下のことを提案しました。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

①トレードはパソコンだけで行う。

 OCO注文をいれたあとはパソコンを閉じる。

 

②スマホではトレードできないように取引アプリを削除する。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

これなら大丈夫だろうと思ったのですが、Aさんはそれすらも守れませんでした・・・

 

 

もう駄目だと思い、「私はあなたに対する個別指導をやめたい」とAさんに申し出ることも考えました。

 

 

やっかいな人を捕まえてしまったな・・・

 

 

正直そう思いました。

 

 

仕方ないので、強制的に損切りができる、もしくは損切り注文いれたらキャンセルができない取引を採用しているFX会社を国内に限らず、海外も含めて探しました。

 

 

見つけることができずに途方にくれていました。

 

 

そんな時に「FXユーチューバーJINさん」がIG証券のノックアウトオプションを紹介していました。

 

 

IG証券ノックアウト・オプション

https://www.ig.com/jp/what-are-knock-outs-and-how-to-trade-them

 

 

最初は一般的な「オプション取引」の紹介と思っていました。

 

 

ところが、よくよく聞いてみると最初に注文する際に強制損切りライン(ノックアウトレベル)の設定を必ず行わなければなりません。

 

 

しかもこの強制損切りラインは1度設定したら変えることができません。

 

 

最大損失が限定されるわけです。

 

 

しかも損切り額をその時点でわかりやすく表示してくれているので便利です。

 

 

JINさん、ありがとう!

 

 

損切りできない人にピッタリな取引なので、早速損切りできないAさんに紹介してデモ口座で実験してもらっています。

 

 

IG証券のノックアウト・オプションのFXの取扱い通貨ペアは以下の通りです。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

USD/JPY   EUR/JPY   GBP/JPY             AUD/JPY 

EUR/USD     GBP/USD              AUD/USD          NZD/USD

EUR/GBP              EUR/AUD             EUR/CHF           GBP/CHF 

USD/CHF              USD/CAD                                                                           

                            2019年6月現在

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 扱っている通貨ペアは少ないですが、主要なものは抑えているので問題ないかと思います。

 

 

ここで問題のAさんの話にもどります。

 

 

損切りできないAさんの問題の本質は

「心の中で納得しておらず、本当は損切りしたくないと思っている」

ことなのですが、損切りするべきかどうかは「検証」すればわかることです。

 

 

過去チャートで損切りをした場合と損切りをしなかった場合で、どちらが儲かるのかデータをとればおのずと答えはでます。

 

 

この答えというのは「納得」や「体験」にあたります。

 

 

Aさんは「検証」を適当にやっているので、この「納得」や「体験」がないのです。

 

 

「納得」や「経験」がなければ、いくら知識で「損切りは大事」とわかっていても実弾トレードで損切りが実践できないのです。

 

 

私はAさんにこのことを説明し、今一度「検証」を真剣にやるようにお伝えしました。

 

 

損切りができないという人は今一度「検証」を見直してみてはいかがでしょうか?