ワンルームマンション投資詐欺(13)債権回収会社からの手紙

それからしばらくして○○債権回収株式会社から手紙が届きました。

 

封筒の中には3枚入っていて、「債権譲受通知」 「個人情報の取扱いに関する同意書」 「確認票兼申入書」でした。

 

内容は、以下のようなものです。

 

 --------------------------------------------------------------------------------

 

債権譲受通知

 

 

前略 弊社は法務大臣の許可を受けた債権回収会社(サービサー)の一社として、今般○○年○月○日付で、債務者に対する下記債権を譲り受けたことを本書面にてご通知申し上げます。

 

つきましては、今後の下記債権に関するお問合せは旧債権者ではなく、弊社がお受けすることとなりますのでご承知おきください。

 

また、お支払については、下記支払期限までに持参又は弊社振込口座への振込にてお支払い願います。

 

尚、下記債権の内容(債権額等)をご確認いただき、ご不明な点のある場合、または事情等により支払期限までの弁済が困難な場合には、支払期限までに必ず弊社宛にご相談下さい。

 

よろしくご理解の上、早期に御弁済をいただけますようお願い申し上げます。

 

草々

 

 

 

【個人情報の取り扱いについて】

弊社は、法務大臣許可第110号の債権回収会社として、「個人情報の保護に関する法律」(平成15年5月30日法律第57号)及び関連する諸法令を遵守し、お客様に関する個人情報の保護に努め、その徹底を図っております。

 

 

 

 

〔譲り受けた債権表示〕

(債権番号:○○○○)

債権譲渡人:A銀行

債務者:鈴木健司

原債権者:A銀行

貸付形式:証書貸付

当初契約日:○○年○月○日

当初契約金額:1,620万円

債権譲渡基準日:○○年○月○日

残元金:366万1,015円 上記基準日現在 並びにこれに付随する一切の債権

連帯保証人:なし

 

〔支払期限及び支払先の表示〕

支払期限:○○年○月○日

振込先:○○銀行 ○○支店 普通預金 ○○○○  ○○債権回収株式会社

 

以上

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

確認票兼申入書

 

 

貴社からの通知(債権譲受通知書)に対し、下記の通り申入れます。

 

◎申入れ

 

 

債務の承認

 

譲渡通知記載の債権内容(契約日・契約種類・残元金等)について

□認める □認めない □一部認めない(            )

 

和解の意思

話し合いによる解決、債務整理を希望している

□有(解決を希望) □無(解決を希望しない)

 

申入れ内容

□分割払いを希望(月額   万円  毎月  日)

□一括払いによる債務免除(保証債務免除)での和解を希望

一括払 可能と思われる(金額    万円、残債務の  %相当)

返済資源又は資金調達先(                  )

□根本的解決に向けた相談を希望

□支払はできません(理由:                 )

 

通信欄

[                             ]

 

 

◎確認事項

 

フリガナ

氏  名

生年月日   大正・昭和・平成   年  月  日(  歳)

 

住所

□賃貸 □自己所有 □親族名義(続柄    )

〒  -

 

自宅TEL/FAX

TEL    -      -        Fax     -       -

 

携帯/E-mail

携    -      -        E-mail

 

 

職業・勤務先

□自営 □会社勤務【役員・正社員・派遣・パート】 □無職

勤務先:

 

収入状況(月額)

□給与   万円 □報酬   万円 □年金  万円 □他   万円

 

負債状況(合計)

借入先   件  残債務    万円 毎月返済額  万円

 

 --------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

「個人情報の取扱いに関する同意書」は、長いので割愛しますが、内容としては以下のことでした。

 

・私の個人情報を業務に関係すること以外には利用しない

 

・債権回収委託や債権譲渡する場合には使用する

 

・個人情報の開示など(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して問合せ窓口に申し出ることができ、本人確認をした上で合理的な期間内に対応する

 

とりあえず、これらの書類から法律にそって債権を回収する会社だということがわかり、ほっとしました。

 

任意売却業者に報告後、「確認票兼申入書」と「個人情報の取扱いに関する同意書」に記入し、用紙を○○債権回収株式会社に返送しました。

 

 

それから3日後に○○債権回収株式会社から電話がかかってきました。