ワンルームマンション投資詐欺(12)債権譲渡通知書が届く

販売業者Nの取り立て事件から2週間ほどしてA銀行から手紙が届きました。

 

「支払ってください」という内容の手紙なんだろうな、と思って封を開けると、見慣れない文字がありました。

 

債権譲渡通知書?

 

なんだこりゃ?

 

内容は、以下のようなものでした。

 

 --------------------------------------------------------------------------------

 

債権譲渡通知書

 

 

当社は、○○年○月○日付債権譲渡契約により、当社が貴殿に対して有する後記1.の債権(以下本債権といいます)を、後記2.記載の譲受人(以下譲受人といいます)へ譲渡しましたことから、民法第467条によりご通知申し上げます。

 

つきましては、本書到達日以降、本債権については、後記4.記載の譲受人の銀行預金口座に振り込む方法により、直接譲受人に対してこれをお支払い下さいますようお願いいたします。

 

 

 

 

1. 本債権の表示

 

貴殿と当社との間で締結した○○年○月〇日付金銭消費貸借契約証書(契約番号○○-○○-○○-○○)に基づく一切の債権

 

2. 譲受人の表示

 

東京都○区○○

○○債権回収株式会社

代表取締役  ○○

 

3. 譲受人の連絡先

 

東京都○区○○

○○債権回収株式会社

 

担当者  ○○部  ○○

電話  ○○-○○○○-○○○○

 

4. 振込先の表示

 

○○銀行○○支店

普通預金口座 ○○

口座名義人  ○○債権回収株式会社

 

以上

 

 --------------------------------------------------------------------------------

 

一通り読んだ後、任意売却業者が

 

「まず、A銀行ですが、ここは鈴木さんの状況を把握して残債を回収できないと判断すれば、債権回収会社(サービサー)に債権を譲渡します。」

 

「つまり、鈴木さんの残債が400万円だとするとそれの1~10%ぐらい(4万円~40万円ぐらい)で債権回収会社にA銀行は債権を売ってしまうのです。」

 

「そうなるとA銀行から督促はこなくなりますが、今度は債権を買い取った債権回収会社から400万円の督促がくるようになります。」

 

 

「最終的には債権会社から和解提案(債務を大幅に減額)がありますので、それに応じれば良いと思います。」

 

と言ってたことをようやく思い出しました。

 

こんなに早く債権譲渡するとは思っていなかったので、かなりビックリしました。

 

とりあえず、任意売却業者に報告をして

 

「今現在の鈴木さんの所得(アルバイト収入)では支払いは厳しいと思います。」

 

「今後、譲渡先の○○債権回収株式会社から返済のお願いの手紙が届くと思います。」

 

「返信用用紙の通知が届けば、対応してください。」

 

「電話などの連絡があれば、今返済は厳しいことを伝えてください。」

 

と言われましたので、その通りに対応することにしました。