· 

おすすめのFX会社3社を徹底比較

FXで不安なことはありませんか?

ご安心ください。

誰でも最初は分からないことがあって当然です。

 

今回は私の経験をもとに、初心者・中級者・上級者に適したFX会社をご提案します。

 

長めの記事ですので、まずは気になるところから読んでみてくださいね。

【目次】

1.GMOクリック証券~初心者でも安心の使いやすい取引ツール~ 2.OANDA Japan~中級者へのステップアップにMT4の充実さが抜群~ 3.デューカスコピー・ジャパン~上級者には嬉しい、すべらない・広がらないを実現~

4.人気FX会社3社比較表

5.FX 口座選びのポイント 6.初心者の疑問に答えます!FXに関する20の質問

GMOクリック証券~初心者でも安心の使いやすい取引ツール~


GMOクリック証券の概要

口座開設の最短日数 デモトレード 口座数
2日 あり 59万口座
預かり証拠金 電話受付け時間 上場しているか
1,506億円 24時間  東証一部上場

2019年3月現在

こんな人におすすめ!

・FXの仕組みがよく分からない人

・自分のトレードルールを模索中の人

・分からないときに気軽に相談できるFX会社を探している人

 

GMOクリック証券のメリット

日本では個人FXトレーダーの割合が多い国の一つです。

 

なかでもGMOクリック証券は、月間取引高が世界第1位となっています。

 

これは「FXをやっている」という人の大半が愛用していることを意味します。

 

安心感という意味では群を抜いていますね。

 

GMOクリック証券のデメリット

ただし最低取引数量が10,000通貨という点には注意が必要です。

 

1通貨からであれば証拠金1万円でも十分楽しめますが…

最低でも10万円は用意することをおすすめします。

 

一方で、1回の最大注文数量は100万通貨と少なめです。

 

初心者で特にこだわりがなければ問題ありませんが、スキルアップとともに乗り換えも検討すべきでしょう。

 

GMOクリック証券の評判・口コミ

◎良い点

 

トルコリラが暴落した際、ほかのFX会社に比べ、スプレッドの拡大が抑えられているように感じました。

iOS用アプリも使いやすく、大抵のことは事足ります。

安心感という意味では他社に優れていますね。

40代 男性

 

スプレッドが狭い通貨ペアが多いため、メイン口座で使っています。

約定の際にスリップがあまり起きないのもgood。

取引ツールはWEB版、スマホ版ともにシンプルで使いやすいです。

30代 女性

 

×悪い点

 

クルクル詐欺による被害報告を掲示板などで見かけます。

私自身、含み損失のときは即約定できるのに、含み益のときには遅い印象を受けました。

40代 女性

 

ある日、逆指値のロスカットを入れていました。

しかし設定したレートに届いていないにもかかわらず、注文が発動するというあり得ない現象が起きてしまいました。

30代 男性

 

出所:価格.com

 

 


OANDA Japan~中級者へのステップアップにMT4の充実さが抜群~


OANDA Japanの概要

口座開設の最短日数 デモトレード 口座数
1日 あり 非公開
預かり証拠金 電話受付け時間 上場しているか
非公開 8 : 00 ~ 20 : 00  非上場

2019年3月現在

こんな人におすすめ!

・MT4で取引がしたい人

・FXの板情報を知りたい人

・1通貨単位で取引できる会社を探している人

 

OANDA Japanのメリット

板情報を確認することができます。

 

これは大手でもなかなか見ないサービス。

 

売り時・買い時の精度が高まるので、この板のためだけに口座開設するのもアリですね。

 

またMT4ではありませんが、選択するコースによって1通貨からの取引も可能です。

 

GMOクリック証券で使い勝手が悪いと感じたらぜひ乗り換えましょう。

 

OANDA Japanのデメリット

英語表記が多いため、FXに慣れていないと使いづらいです。

 

メールでの問い合わせに関しても、他社に比べて時間がかかります。

 

急ぎの場合は電話でおこないましょう。

 

また、スワップポイントが非開示なのはリアルタイムで算出されるため。

 

他社のように、常に一定しているわけではありません。

 

スワップ狙いでトレードをする際は、予想に反してスワップ利益が少額になる可能性があります。

 

(追記:2019年の4月20日よりデイリースワップポイント方式になりましたので、ホームページのスワップカレンダーで開示されています。)

 

OANDA Japanの評判・口コミ

◎良い点

 

取引ツールが充実しており短期売買にとても良いです。

特にチャート上で、ストップロスのポイントをずらして変更できる点が気に入っています。

1通貨から取引が可能なので練習用として最適です。

40代 男性

 

スプレッドが狭いので、エントリー時に安心感があります。

また4時間足で、1日分が6本表示される点もgood。

使い勝手が非常に良いです。

サーバーも安定していると思うので、特段問題はないです。

40代 男性

 

×悪い点

 

電話サポートがイマイチでした。

決済の仕方がわからず問い合わせをしたところ、回答に誤りがありました。

その後「少々お待ちください」と連絡があり、最終的に正しいやり方を教えてもらうことができました。

50代以上 男性

 

PCのツールを使用しています。

他社と違って英語表記が多くスタイリッシュな感じです。

ただ使い慣れていない初心者だと、直感的に分かりにくいかと思います。

慣れれば見やすくて良いです。

 

30代 女性

 

出所:価格.com

 

 


デューカスコピー・ジャパン~上級者には嬉しい、すべらない・広がらないを実現~


デューカスコピー・ジャパンの概要

口座開設の最短日数 デモトレード 口座数
2日 あり 非公開
預かり証拠金 電話受付け時間 上場しているか
非公開 9 : 00 ~ 17 : 00  非上場

2019年3月現在

こんな人におすすめ!

・自動売買をしたい人

・NDD方式の会社を探している人

・過去に強制ロスカットに逢い、再チャレンジしたい人

 

デューカスコピー・ジャパンのメリット

全体的にスプレッドの開きが小さいため、急な相場変動でもポジションを保つことができます。

 

米ドル円では他社が20.0pips広がることもある中、デューカスコピーでは3.0pipsほどしか開きません。

 

過去にリーマンショックなどで苦い経験をした方は、検討の余地アリですね。

 

またスワップポイントは高い水準です。

 

意外に知られていませんが、スイングトレードに適した会社なんですよ。

 

2019年4月1日よりMT4でも取引ができるようになりました!

 

デューカスコピー・ジャパンのデメリット

売買コストの算出方法が、スプレッド+取引手数料となっています。

 

一見すると割高に感じますが、実は会社の透明性が高いことを表しています。

 

他社のようにすべてを「スプレッド」と一括りにしているのとは違い、良心的です。

 

なので厳密にはデメリットではないんですよ!

 

実質的なデメリットは、高性能な取引ツールが揃っているためハイスペックなPCが必要です。

 

スマホアプリもありますが、あくまでサブ的なもの。

 

本格的にFXトレーダーをおこなう人向きです。

 

デューカスコピー・ジャパンの評判・口コミ

◎良い点

 

スプレッドは全体的に狭いです。

しかし取引のたびに、僅かですが手数料がかかります。

これを透明性があるとプラスにとらえるか、余計なコストだとマイナスととらえるかは人それぞれだと思います。

個人的には、プラスと考えています。

50代以上 女性

 

非常に使いやすく、発注速度も速いです。

インジケーターも豊富で初めは戸惑いますが、すぐ慣れますよ。

スプレッドの開きも少なく米国雇用統計で米ドル円3.0pips、ユーロドル1.0pipsくらいです。

30代 男性

 

×悪い点

 

ログインエラーが頻繁に起こります。

また、ポジションを持っているときに決済注文をだしても約定しないことがあります。

オンラインセミナーも2019年1月現在、全く行われなくなりました。

30代 男性

 

初心者にJForexは難しいかと思います。

自分でプログラムを組める上級者向きですね。

ミラートレードなど、ストラテジーを使った自動売買であれば他社をおすすめします。

 

30代 男性

 

出所:価格.com

 

 


人気FX会社3社比較表


会社名

 

GMOクリック証券

(初心者向け)

OANDA Japan(ベーシックコース)

(中級者向け)

デューカスコピー・ジャパン

(上級者向け)

 米ドル/円スプレッド 0.3 銭 (原則固定) 0.4 銭 (原則固定)  0.3 銭 ~ 0.5 銭

通貨単位

10,000 通貨 1 通貨 (MT4は 1,000 通貨) 1,000 通貨
通貨ペア数 19 ペア 71 ペア 48 ペア

ランド円

スワップポイント

11円

非開示

12円

注文タイプ数

8 種類 8 種類 8 種類

為替ニュース

2 つ 2 つ 2 つ

スマホアプリ

あり あり あり

取引ツール

・Platinumチャート+

・はっちゅう君FX+

・MT4

・OANDA fxTrade

・Trading View

・MT4

・JForex

・SWFX Trader JP

約定率

70% 100% (約定拒否なし) 非公開

デモトレード

あり あり あり

キャッシュバック

30,000円 書籍、EA プレゼント 30,000円

2019年4月現在

 

 


FX 口座選びのポイント


スプレッドが広がらない口座を選ぶ

スプレッドとは買値と売値の価格差のこと。

広がるタイミングはFX会社によってさまざまです。

 

私たちトレーダーにとってはコストですが、FX会社にとっては利益になります。

 

ポイントとしては、NDD方式のFX会社を選ぶこと。

スプレッドの広がりを抑えることができますよ。

 

NDD方式とはNone Dealing Deskの略で、「FX会社(Dealing)が価格(Desk)に介入しない(None)」ことを意味します。 

 

どういうことかと言うと、購入価格が常に世界水準で提示され、FX会社の操作が一切入らないのです。

 

また会社の利益は、売買手数料という形で確認できるので、透明性が高く好感が持てます。

 

国内FXの多くがDD方式を採用するなか、デューカスコピー・ジャパンは、このNDD方式を採用しています。

 

 

【デューカスコピー・ジャパン】(MT4もついに採用!)

スリッページ発生率が低い口座を選ぶ

為替は世界中で取引がされているため、注文から約定のわずかな時間でも価格が変わることがあります。

 

注文した価格と約定した価格の差額分はスリップ(すべる)したと表現され、専門用語でスリッページといいます。

 

これはFX会社のシステムサーバーに大きく影響し、サーバーが弱い会社では大きくスベるのです。

 

特に急な相場変動時や、大口注文をするときには要注意。

 

私の経験上、100万通貨以上でも耐えられる会社はごくわずかとなっています。

 

そのような中、デューカスコピー・ジャパンは最大2,500万通貨まで注文でき、発注速度も速いです。

 

大きな資金で取引する際に重宝しています。

 

 

【デューカスコピー・ジャパン】(MT4もついに採用!)

約定力が高い口座を選ぶ

あなたはクルクル詐欺という言葉をご存知でしょうか?

 

これは注文を出しているにも関わらず、約定されずフリーズ状態になること。

 

約定率が低い会社でこのような被害に逢いやすく、最悪の場合、含み損失が証拠金額を上回ることがあります。

 

すると余分にお金を振り込む必要がでてくるので、約定率100%の会社が安心です。

 

OANDA Japanは約定率100%を公表している数少ない会社です。

 

どんな相場でも、必ず決済できることを保証しています。

 

 

【OANDA Japanに口座開設する】

OANDA Japan MT4

最初から1つに絞らず、複数の口座を開設してみる

ここまで私が愛用するFX会社をご紹介しましたが、人によって向き・不向きがあります。

 

一番の理想は、実際にあなた自身で確認してみることです。

 

口座開設はすべて無料で出来ますので、何もムリして一つに絞る必要はないのです。

 

・初心者は取引ツールが非常に使いやすい GMOクリック証券

・中級者は MT4 と 板情報が魅力の OANDA Japan

・上級者はMT4と価格の透明性が抜群のデューカスコピー・ジャパン

 

この3社を相場分析・相場状況に応じて、使い分けていきましょう。

すると上達スピードも一気に上がりますよ。

 

何よりも重視するべきは会社の安全性!

会社名 GMOクリック証券 OANDA Japan デューカスコピー・ジャパン
自己資本比率 448.5% 266.3% 224.8%
資本金 43 億円 2 億円 4 億円
信託保全

あり (4 行)

あり (2 行)  あり (2 行)

2019年3月現在

いずれの会社も、預けた証拠金は信託保全されます。

 

これはFX会社が万が一、倒産しても全額戻ってくることを意味します。

 

また、自己資本比率と資本金も最低ラインを超えているので特に問題はないでしょう。

 

 


初心者の疑問に答えます!FXに関する20の質問


1. FXと株式投資の違いは何ですか

お金を投じる「対象」が違います。

 

株式投資は企業に対してですが、FXは通貨に対しておこないます。

 

そして株式では企業の業績が上がれば利益、下がると損失となります。

 

一方FXでは、米ドルを買って日本円を売った場合、ドル高円安になると利益、ドル安円高になると損失になります。

 

2.FXするなら何から始めれば良いですか

まずは口座開設をしましょう。

 

これは銀行や株式投資と同様に、金融商品によって口座を開く必要があるからです。

 

そのあとはFX会社の審査が入り、無事通れば入金をしてトレードをおこなっていきます。

 

なお口座開設・入金ともに手数料無料です。

 

3.FX会社の選び方を教えてください

FX会社にはそれぞれにメリット・デメリットがあります。

 

まずは複数の口座を比較して、あなたに適した会社を選びましょう。

 

特に、私が初心者の方におすすめするのは GMOクリック証券 です。

 

取引操作はすべての会社の中で、いちばん分かりやすいです。

 

4.FX口座開設はどれくらい時間がかかりますか

最短で翌日、遅くても7営業日に完了します。

 

正確な時間はFX会社によって様々です。

 

また、営業日とは一般に平日のことを指します。

 

大型連休などが入るときは、トータルで10日ほどかかる場合があるので注意しましょう。

 

5.口座開設をするのにお金はかかりますか

当サイトで紹介している会社は一切、お金がかかりません。

 

口座維持費・管理料も無料です。

 

むしろキャッシュバック・キャンペーンを利用すると、現金をもらうことができます。

 

これらのキャンペーンを目当てに複数口座を開設するのもアリです。

 

6.口座開設に必要なものを教えてください

本人確認書類とマイナンバーが必要です。

 

いくつかの組み合わせがありますが多くの方が、

・運転免許証+マイナンバー通知カード

・マイナンバーカード

のいずれかを選択されています。

 

また書類の提出はスマートフォンのカメラ機能で、画像をアップロードすればOK。

 

コピーなどをする必要ありませんので、手軽におこなうことができます。

 

7.口座を決めきれません

複数の口座を1度に開設するのもアリです。

 

というのも実際に使ってみないと分からないことが、FXには沢山あります。

 

私もGMOクリック証券、OANDA Japan、デューカスコピー・ジャパンの3つを持っていますよ。

 

8.米ドル円スプレッド0.3銭とはどういう意味ですか

まずスプレッドとは取引手数料に相当するものです。

 

この場合は米ドル円の通貨ペアが、1通貨あたり0.3銭(0.0003円)かかるという意味です。

 

ですので10,000通貨の取引であれば片道30円(=0.0003円×10,000通貨)、往復で60円になります。

 

ただしFX会社の多くが「原則固定」と注意書きをしています。

 

米国雇用統計など、相場が荒れるときは20.0銭(0.002銭)になることもあります。

 

この時、10,000通貨の取引では片道200円、往復400円のコストとなります。

 

9.スワップポイントとは何ですか

2国間で異なる金利差額のことをスワップポイントと言います。

 

これは通貨を保有しているだけで、毎日発生するものです。

 

例えば米ドル/円の場合、買い注文をすればスワップポイントを毎日受け取ることができます。

 

なぜなら2019年3月現在、米ドルは日本円よりも政策金利が高い、つまり高金利だからです。

 

逆に売り注文をすれば、毎日支払わなりませんのでポジションをとる際は注意しましょう。

 

10.初心者にオススメの通貨ペアを教えて下さい

米ドル円が良いでしょう。

 

日本人の8割が利用している通貨ペアで、世界の取引量もユーロ/米ドルに次いで第2位です。

 

取引量が多い=流動性が高いことなので約定率が高く、スリッページの発生率も低いです。

 

また入ってくる情報量が多い通貨ペアなので、チャート分析・ファンダメンタルズ分析がしやすいのも、オススメの1つです。

 

11.少額投資するのにオススメの方法はありますか

最低取引数量が1,000通貨以下の会社でトレードをしましょう。

 

単純計算で10,000通貨の1/10の証拠金で済むので、少額投資に適しています。

 

加えてリスクを小さくすることもできます。

 

デューカスコピー・ジャパンでは1,000通貨、OANDA Japanではなんと1通貨からの購入が可能です。

 

1通貨の場合、証拠金は数千円でOKですので、デモ口座感覚でFXを始められますね。

 

12.トレード手法にはどんなものがありますか

保有期間の長さによって、4種類の手法があります。

 

保有期間が「数秒~数分間」では、スキャルピング

保有期間が「数時間~1日間」では、デイトレード

保有期間が「数日~3か月以内」では、スイングトレード

保有期間が「3か月以上 」では、スワップトレード

 

一般的に、

・短期売買にあるほどハイリスク・ハイリターン

・長期売買になるほどローリスク・ローリターン

になります。

 

ちなみに日本では、デイトレードやスイングトレードをしている人が多いです。

 

13.FXで勝つために必要なことは何ですか

メンタル管理と資金管理です。

 

正確には、この2つは密接な関係を持っています。

 

メンタル管理ができていれば資金管理もできるし、逆にメンメンタル管理が未熟であれば資金管理も徹底できません。

 

コツとして、まず少額投資を継続してください。

 

というのも利益が出続けると、どうしても人間は自分に過信するものです。

 

安易に証拠金や取引数量を上げると、気づいたときには含み損失が大きくなり、取返しがつかなくなってしまいます。

 

誘惑に惑わされないメンタルこそが、勝つための秘訣なのです。

 

14.FXの勉強方法を教えてください

FX会社が提供する為替ニュースやセミナー動画が、非常に勉強になります。

 

特にGMOクリック証券は、初心者を口座開設の対象としているので基礎から学ぶのにおすすめです。

 

開設自体は無料ですので、書店などで本を買う前にぜひお試しあれ。

 

15.スマホのみでFX取引はできますか

口座開設・入出金・相場分析・トレードなど、基本的なことはスマートフォンのみで完結します。

 

ただ個人的には、スマートフォンはあくまで簡易的なものだと考えています。

 

特に取引ツールの性能や機能にこだわる場合、画面も大きく、ページの移動もスムーズなパソコンが適しています。

 

初めはスマホのみで問題はないかと思いますが、パソコンでのトレードも視野に入れておきましょう。

 

16.FXで得た利益に税金はかかりますか

はい、20.315%の税率がかかります。

 

しかし1年間の利益が20万円もしくは38万円の場合は、課税対象外になる可能性があります。

 

また株式投資や、過去の損失額と合算することで節税対策もできます。

 

申告は毎年2/15~3/15ですので、時期が近づいたらFX会社や国税庁で確認してみましょう。

 

17.入金額以上に損失する可能性があると聞いたのですが…

はい、損失額が入金額を超える可能性はゼロではありません。

 

これは約定率に影響します。

 

約定率が低い会社は注文を出しても決済に時間がかかり、証拠金を下回る水準で約定になる可能性があります。

 

なので約定率100%のOANDA Japanなどが安心です。

 

18.約定率とは何ですか

注文を出したものが、無事に約定する確率のことです。

 

FXに限らず全ての投資商品は、売り手と買い手がいることで取引が成立します。

 

その際、為替の大暴落など買い手が極端に少ない場合は、売却をしたくてもできない可能性があります。

 

とはいえ約定率100%を謳っている会社では、マーケットの肩代わりをすることで全ての注文を約定しています。

 

もちろん私たちトレーダーにとっては、約定率が高いほうが良いです。

 

19.デモ口座とは何ですか

仮想のお金でFXトレードをすることです。

 

損益にかかわらず、あなたの資産が増減することはなないので遊び感覚で楽しむことができます。

 

本来は、取引ツールの操作などを事前確認するために用意してあるサービスです。

 

そのため多くのFX会社が90日間の期間限定にしています。

 

20.MT4とは何ですか

Meta Trader4 の略で、世界中のトレーダーが愛用する取引ツールです。

 

汎用性が高い、つまり好きな機能を自由に取り込むことができるので、世界に一つだけの売買ツールを作ることができます。

 

日本では各会社が競い合って独自のツールを開発しているので、MT4はあまり普及していません。

 

しかし中級者・上級者になるとこだわりが出てくるので、たいへん重宝するツールになります。