· 

MT4 過去チャートデータ(ヒストリカルデータ)の取得方法


「過去のチャートデータの取得方法を教えて欲しい」というメールをいただきましたので、今回はMT4の過去のチャートデータ(ヒストリカルデータ)の取得方法を紹介したいと思います。

 

 

過去のチャートデータがあれば、自分の手法の検証がかなりできますので、是非やってみてください。

 

 

海外FX会社のFXDD、Alpariやデューカスコピージャパンなどから過去のチャートデータは取得できます。

 

 

今回は、FXDDの過去チャートデータ取得方法で説明していきます。

 

 

本当は実際に過去に配信された正確なティックデータを提供しているデューカスコピージャパンがいいのですが、ものすごい手間がかかるので、簡単にできるFXDDのほうが良いと思ったからです。

 

 

では、過去のチャートデータの取得手順を説明していきます。

 

 

①FXDDのサイトにアクセスする。

https://www.fxddtrading.com/bm/jp/resources/mt4-one-minute-data

 

 

 

②ダウンロードしたい通貨ペアを選択し、クリックする。

(ダウンロードは数分かかります。)

 

 

③ダウンロードしたデータ(zipファイル)を解凍する。

(解凍ソフトがない人はこちらより解凍ソフトをダウンロードしてください)

 

④データの取り込み先のMT4を開き、「ツール」⇒「オプション」をクリック

⑤「チャート」タブをクリックし、「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」に「9999999999999999」を入力してOKをクリック

 

⑥いったんMT4を閉じる。

 

 

⑦ダウンロードしたデータをMT4へ取り込む。

 

1、データの取り込み先のMT4を開き、ヒストリーセンターをクリックする

 

2、該当通貨ペアを選択する(今回はEURUSD)

該当通貨ペアの1分足をダブルクリックした後に「インポート」をクリック

 

3、参照をクリックする

 

4、該当ファイルをインポートする

 

ここまでで該当通貨ペア(ここではEURUSD)の過去の1分足データがMT4に取り込まれました。

 

 

これで終わりではなく、ここから5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足日足など各時間足のデータを生成していく作業を行います。

 

 

 

(例)5分足のデータを生成

 

 

①ファイル⇒オフラインチャートをクリック

 

②先ほど取りこんだ通貨ペア(ここではEURUSD)の1分足データを探してクリックし、「開く」をクリック

 

③1分足オフラインチャートが開いたのを確認した後に「ナビゲーター」をクリック。

続いて「スクリプト」をクリック。

「スクリプト」内の「PeriodConverter」をクリックしてチャートにドラッグ&ドロップをする。

 

④パラメーターの入力のタブをクリック

生成したい時間足の数字を入力して「OK」をクリック

補足:上記のパラメーターで日足を生成したい場合は「1440」と入力してください。

 

 

以上が過去データの取得方法です。

 

 

FXでなかなか勝てないという人はこの過去データ数年分を使って「自分が使おうとしている手法は本当に優位性があるのか?」を一度検証作業をして確認してみてはいかがでしょうか?

 

 

2019年5月26日追記

動画をとりました。