· 

最近のマルチ商法(MLM)の手口とは?


2年前に知り合いが騙された話を書きたいと思います。

 

知り合いは「物販や転売で稼ぐノウハウを教えてくれる」というコミュニティに35万円を支払って入会しました。

 

「永久サポート」という言葉に魅かれたそうです。

 

知り合いは入会したものの、「物販や転売のノウハウ」はひどいもので、全く体系化されておらず、そこらへんに無料で転がっている内容だったそう。

 

しかも、講師は実際に取り組んだことがないか、もしくは1~2か月取り組んだだけのド素人。

 

質問しても「あなたの取り組み方が悪い」とか「あなたの努力が足りない」などと言われるだけで、具体的なアドバイスなどはなかったそうです。

 

メルカリ無在庫転売においてはツールがあるそうで、入会金は払っているので無料と思いきや、なんとそのツールを使うには別途2万円支払わなければならないのです。

 

ちなみにこのツールはメルカリ規約違反です。

 

当然、こんな状態なので、ほとんどの人は物販や転売で初月から10万円など到底稼ぐことはできないわけです。

 

知り合いは「初月から30万円稼いだ人がけっこういる」という話を勧誘時に聞いていたそうですが、この話は嘘だと思いますよね?

 

ところが、この話自体は本当なんですね。

 

ただし、物販や転売で稼いだわけではありません。

 

なんと、このコミュニティを勧誘し、新規の入会者を獲得することで稼ぎだしていたのです!!

 

新規入会者を獲得できた場合は35万円のうち14万円が紹介料として紹介者にキックバックされる仕組みなんですね。

 

残りの21万円は講師陣やトップの人にお金がはいるようになっているようです。

 

講師は「あなたが代理店になってこのコミュニティを売りましょう。代理店販売です。情報発信しましょう。」などと推奨しています。

 

これってマルチ商法(MLM)なんですよ。

 

ほとんどの人はコミュニティの物販の中身のないノウハウでは稼げないのであきらめてコミュニティを脱退しますが、支払った35万円をなんとか取り戻したい人は、罪悪感を感じながらも情報発信や勧誘活動をして新規入会者を獲得しようと動きます。

 

被害者がさらなる被害者を生むというとんでもない構図です。

 

このコミュニティは「集客させることが目的」なので、ノウハウの中身自体はどうでも良いのです。

 

まだ「マルチ商法(MLM)で稼ぎましょう」と謳って勧誘しているならいいのですが、「物販や転売で稼ぎましょう」などと明らかに誤認させて入会させているので、非常に悪質です。

 

知り合いは結局退会しました。

 

高い勉強代だと割り切ることにしたそうです。

 

特商法の表記もしておらず、契約書などもないそうですからこのコミュニティは特商法違反、消費者契約法違反です。

 

それなりの手段を講じれば返金させることはできると思います。

 

返金金額は35万円なので、弁護士を使わずに済む少額訴訟ができます。

 

訴訟まで起こせば、この手の人達は返金するでしょう。

 

このような形で騙された人は一度検討してみてはいかがでしょうか。