ワンルームマンション投資詐欺(7)空室地獄で預金が底をつく

またしても空室ができてしまい、私はすぐにその空室物件の近くの賃貸業者に片っ端からあたりました。

 

 

販売業者に借主探しを任せても何もしてくれないことは前回ではっきりわかりましたので、行動することに迷いはありませんでした。

 

 

で、賃貸業者に片っ端からあたってわかったこと、それは、

 

 

すぐに借主を見つけてもらうためには広告料の他に「お礼のお金」を用意する必要がある

 

 

ということです。

 

 

どの賃貸業者もそれなりにネットワークがあるので、その気になれば借主を見つけてくることはできます。

 

 

ただし、普通に広告料だけ払って頼むだけでは積極的に賃貸業者さんは動いてくれません。

 

 

広告を出してくれるだけで、広告を見たお客さんが興味を示したら紹介してくれる程度です。

 

 

これだと結局、新築ワンルーム業者に任せるのとあまり変わりはありません。

 

 

私はこれを知らなかったので、広告料だけ払って賃貸業者に任せましたが、借主が見つからず、空室から3か月がたってしまいました。

 

 

さすがに私もマズイと思い、空室から3か月たってから賃貸業者に

 

「1か月以内に借主を見つけてきたら、敷金礼金プラス家賃1か月分をそちらにお礼として支払う」

 

と提案をしたところ、

 

なんとそれから1週間後に賃貸業者は借主を見つけてきました。

 

 

ニンジンをぶら下げれば、積極的に賃貸業者は動くんですね。

 

 

そして、ネットワークを駆使して見つけてきたというわけです。

 

 

ただ、その場合だいたい自分が頼んだ賃貸業者ではなく、

 

「他の賃貸業者が自分が頼んだ賃貸業者にあっせんするという形」

 

で借主を確保するので、そのあっせんしてくれた賃貸業者にもお礼を支払わないといけないのです。

 

 

私の場合は最初から賃貸業者に

 

「敷金礼金プラス家賃1か月分をそちらにお礼として支払う」

 

と提案していたので、その中から斡旋してくれた別の賃貸業者にお礼を支払いました。

 

 

こうして空室は解消されましたが、今回の空室でかかった費用はトータルで45万円(空室3か月間のローン支払いの持ち出し含む)でした。

 

 

しかし、私は相当運がないのかそれから3か月後に別の1件で空室が発生し、さらにその3か月後にまた別の1件で空室が発生したりと預金からの持ち出しが増えていきました。

 

 

空室になるたびに家賃を下げなければならず、収入の部分はジリジリと減り、家賃収入でローンの支払いを賄うこともできなくなっていきました。

 

 

満室になってもマンションのローンの一部を預金から支払うようになり、

「何のためにマンションを所有しているんだ?」

という状態になりました。

 

 

 

それからも1年以内の空室があったりで、ついに預金がなくなってしまいました。。。