· 

仮想通貨詐欺にあわないためには?


2017年は仮想通貨の価格が大きく上昇し、仮想通貨に対して良いイメージを持った方も多いかと思います。

 

今は最悪ですが(笑)

 

しかし、その陰で仮想通貨を使った詐欺が横行しているのも事実です。

 

今回は「仮想通貨詐欺にあわないために知っておきたいこと」を書いていこうと思います。

 

仮想通貨詐欺の特徴は概ね以下の通りです。

 

 

○一定の値段よりは価格が下落しませんといった価格保証がある

 

○代理店・個人販売と称して販売してくる(取引所では買えないコインがあると偽る)

 

○有名人を使い、安心感を与える

 

○セミナーやユーチューブ、LINE@から勧誘してくる

 

○ 「限定」という言葉を使って販売してくる

 

○買取保証を謳う

 

○領収書や契約書がない

 

○HYIP案件

 

○パンフレットが無駄に豪華である

 

○未公開のコインだと言って購入意欲を誘う

 

○超高配当と宣伝してくる

 

 

上記のうち1つでも当てはまれば、詐欺と認定してください。

 

HYIPについてわからない人がいると思いますので、説明します。

 

HYIPとは日本語では高収益投資プログラムと訳されます。

 

通常の株式や投資信託といった一般的な投資とはかけ離れた高利回り・高配当(日利1%以上)の

コインがあると謳って、セミナーやイベントなどを行い、出資者を募るやり方です。

 

実態としてはねずみ講と大きな違いはなく、HYIPのプログラムを作った人が儲けるようにできており、

参入してきた人に高利回り・高配当など保証されるはずがありません。

 

どこかで出資金を持ち逃げされて出資者はどうすることもできず、泣き寝入りして終わりです。

 

あとは解説する必要はないと思うので、省略します。

 

本当に儲かる話なら赤の他人に紹介せず、自分でやります!!

 

それを常に頭にいれておけば詐欺に引っかかる確率はぐーんと下がりますよね。

 

 

次に仮想通貨詐欺にあわないための対処法を述べていきたいと思います。

 

それはただ1つです。

 

日本の金融庁の許可をとって営業している国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する。それ以外は一切やらない。

 

これだけです。

 

よくネットで海外の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入するように勧めている人がいますが、やめたほうが良いです。

 

手数料も安いし、扱っている仮想通貨の種類が豊富で魅力的なのですが、

出金拒否にあったり、持ち逃げされたらどうしようもないからです。

 

日本の法律の適用外ですから、何か起こった時に泣き寝入りすることは目にみえてますから。