ワンルームマンション投資詐欺(15)管理費・修繕積立金の督促について

ちょっとここで話を戻しますが、私は、ローン返済ができなくなったと同時に新築ワンルームマンションの管理費・修繕積立金も支払えなくなっていました。

 

その時のことを書いておきます。

 

管理費・修繕積立金を支払えなくなってから1か月後にマンションの管理組合から手紙(督促)がきました。

 

当然、私は支払えないので、とりあえず電話して「支払えない理由」を言います。

 

しかし、だいたいの管理組合が無情にも

 

「いついつまでに滞納分を支払ってください。」

 

「お支払がない場合は法的手続きを検討しますから。」

 

と言ってきましたね。

 

消費者金融に借金してでも滞納分を支払おうかと一瞬思ったのですが、一時しのぎにすぎないことははっきりしているので、やめました。

 

それでどうしようもないので、放置していると次のような内容証明が送られてきます。

 

 --------------------------------------------------------------------------------

 

【内容証明書用紙】

 

貴殿が所有する○○の○○号室の管理費及び修繕積立金(内訳として、月額管理費○○円 月額修繕積立金○○円)において平成○○年○月より平成○○年○月分迄の合計○○円が、賃貸管理会社による採算にわたる請求および電話連絡にもかかわらず平成○○年○月○日現在、未納となっております。

 

つきましては、本書到着後、5日以内に左記の口座に○○円をお振込にてお支払いをお願いいたします。

 

指定口座

○○銀行

○○支店

当座預金○○○○○

○○○株式会社

 

※振込手数料は貴殿にてご負担願います。

 

尚、期日までにお支払いがない場合は、誠に遺憾ながら法的手続きを検討させていただきますので、本書到着後5日以内にお振込みできない場合は、10日以内に必ずご連絡願います。

 

連絡先

○○市○○区○○○

○○○株式会社

○○支店 ○○課

TEL:○○-○○○○-○○○○

 

平成○○年○月○日

 

差出人

○○市○○区○○

○○管理組合

 

受取人

○○市○○

鈴木健司様

 

この郵便物は平成○○年○月○日第○○○○○号書留内容証明郵便物として差し出したことを証明します

日本郵便株式会社

 

 

 --------------------------------------------------------------------------------

 

この内容証明が届いてからマンションの任意売却が完了するまでに数か月の時がたっていましたが、結局法的手続きをとられることはありませんでした。

 

ネットビジネス詐欺師に対して民事訴訟を起こした経験からわかることなのですが、訴訟するにはお金もかかるし、時間もかかります。

 

また、民事訴訟の判決(管理費・修繕積立金の滞納分を支払え)を無視しても何の罪にもなりません。

 

銀行口座の差し押さえや動産執行もできますが、さらにお金を支払わなければできませんし、空振りになる可能性もあります。

 

事実、私はネットビジネス詐欺師の銀行口座差し押さえを、さらにお金を支払って実行しましたが、空振りに終わり、1円も回収できませんでした。

 

こういった理由から管理組合は数万円のために管理費から民事訴訟費用を捻出して裁判しようとは思わないのです。

 

個人的には裁判費用、弁護士費用はしょうがないですが、差し押さえ費用に関しては法律を変えて無料で実行できるようにして欲しいと思います。

 

裁判費用、弁護士費用、差し押さえ費用も全部自腹でしないといけないってあまりにも理不尽ですから。

 

今回は皮肉にもその法律のハードルの高さに助けられましたが。。。

 

 

ちなみに私は任意売却が完了後に管理費・修繕積立金の滞納分はすべて支払いましたので、ネットビジネス詐欺師と一緒にしないでくださいね。