· 

住宅ローン破産!!あなたは大丈夫?


借金が膨らんで「個人民事再生」を利用した人の数が毎年10~15%ずつ増加していっているのをご存知でしょうか。

 

その中で目立ってきているのは、

住宅ローン返済が苦しくなり、銀行のカードローンや消費者金融から借金を重ねるケース

です。

 

「個人民事再生」というのは企業の民事再生の個人版です。

 

「自己破産」は借金をチャラにするかわりに自宅を含む全ての財産を失いますが、「個人民事再生」は自宅を手放さずに住宅ローン以外の借金を大幅に減らしてもらえます。

 

ただし、減額後の借金(住宅ローンを除く借金)は原則3年で返済しなければなりません。

 

「個人民事再生」の利用の条件はけっこう厳しいです。

 

借金が住宅ローンを除いて5000万円以下でなければならず、安定収入の見込みがなければなりません。

 

「個人民事再生」には「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2つの手続きがあります。

 

「小規模個人再生」は主に自営業者用、「給与所得者等再生」は公務員や給与の高い会社員用とイメージしてもらったら良いです。

 

「個人民事再生」は債権者の同意や裁判所に認めてもらわないとできないので、「自己破産」になるケースも多々あります。

 

「個人民事再生」を認めてもらっても「減額後の借金の返済」と「住宅ローンの返済」を同時にしていかなければならないので、生活は厳しくなる可能性もあります。

 

また、「個人民事再生」でも「自己破産」と同様に「官報」に載りますので、数年間は新規にクレジットカードを発行したり、ローンを組んだりすることはできません。

 

 

話は元に戻りますが、このように非常に低金利で借りているにもかかわらず

住宅ローン返済が苦しくなっている家庭がかなり増えてきていることがわかります。

 

銀行の融資の審査がゆるすぎることもありますが、本当に返済できるのかをしっかりシュミレーションをしてから借りる金額を自分たちで決めていくことが大切ですね。

 

その前に私は

 

今の時代に持ち家にそもそもこだわる必要があるのか?

 

と自分に問いかける必要があると思います。

 

皆さんはどう思われますか?