· 

日本の銀行は大丈夫?


ちょっと前の話ですが、日経新聞でみずほ銀行、三井住友銀行などの都市銀行が大幅な人員削減や店舗の削減をしていくという記事が載っていましたので、今回は日本の銀行に未来はあるのか?ということについて書いていきます。

 

そもそも銀行の本来の役割とは、どんなものでしょうか?

 

まずは銀行は顧客から預金等を預かり、それを日本銀行の当座預金に預けます。

 

そして日本銀行からその預金額よりも多くのお金を借りて、企業や個人に融資します。

 

融資をした金利の利ざやで銀行は稼ぎます。

 

これが銀行の本来の役割です。

 

ところが今の日本の銀行の現状はどうでしょう?

 

貸付や出資を全くしていないのが現状です。

 

役割を全く果たしていない銀行の言い分は

 

「需要がないから貸さない」

 

「このような経済状況にした日本政府のせいだ」

 

だそうです。

 

ふざけるな!って言いたいですね。

 

普通の民間企業なら新規開拓していくでしょう。

 

例えば、起業して日本を盛り上げていこうという使命感ある起業家に融資する等です。

 

そういうところにこそ融資すべきなのに融資せず、無借金経営の企業に貸し出す等全くリスクをとっていません。

 

だいたい無借金経営の企業は融資なんか必要ないんですよ。

 

ただ、今の時代の起業家は銀行に融資してもらわなくても

クラウドファンディングでお金は集められます。

 

インターネットで世界中から資金集めができますしね。

 

はっきり言いますとリスクをとって融資することもしない「日本の銀行」は必要ないと思います。

 

ただ、手数料をとって生き延びているだけです。

 

投資信託でありえないくらい高い販売手数料をとったり、NISAでも高い販売手数料をとったり、保険でも高い手数料をとったり、振込手数料やら引き出し手数料やらどんだけ手数料をとっているんだって感じです。

 

何で銀行の行員を養うために高い手数料を支払わなければならないのだ!

 

と怒るしかありません。

 

しかも金融商品のスペシャリストでもない。

 

儲けさせる金融商品を販売することもしない。

 

電子マネーや仮想通貨が成熟していくでしょうから、紙幣や硬貨は必要なくなっていくでしょう。

 

そうなった時に「日本の既存の銀行」は果たして存在しているのでしょうか?

 

答えは数十年後ですね(笑)