· 

FXで破産する人の特徴


こんにちは、鈴木です。

 

 

もう一年ほど前になるのですが、このような問い合わせメールをいただきました。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

初めまして。

 

〇〇といいます。

 

年収400万円ほどはあるのですが、FXで1,100万円の借金を背負ってしまいました。

 

わずか3年ほどの間にです。

 

FXでの負けをどうにかして取り戻そうとして借金を重ねる悪循環に陥り、どうしようもなくなり、自己破産を考えています。

 

質問なのですが、このように大きい額でも免責が認められるのでしょうか?

 

株や先物、FXなどの免責は原則「免責不許可」に当てはまるのは十分理解しているのですが、裁量免責などもあると聞きました。

 

このブログを拝見して不動産で1,000万円近くの借金を背負ったという鈴木さんなら、いろいろとそのあたりも詳しいのではないかと思い、メールしました。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

一年ほど前まではこのブログに「私が不動産で借金を背負った話」を載せていました。

 

 

読んでくれる人が全くいなかったので、削除しました・・・

 

 

ユーチューブには残していますので、興味のある人はこちらをご覧ください。

⇩⇩

 https://www.youtube.com/playlist?list=PLuIsMxUe0mBgtwYKhamQmduzyMnqYOOLX

 

 

ブログ記事に「どのように借金問題を解決していったのか」を少し書いていたので、この人は質問してきたのだと思います。

 

 

 

この人は海外FXで数百倍のレバレッジでトレードをしていたそうで、何回も入金してはお金を溶かすことを繰り返していました。

 

 

そして、貯金はそこをつき、消費者金融からお金を借りたそうです。

 

 

最初は30万円だったのが、50万円になり、複数の消費者金融から借りるほどエスカレートして、気がつくとどうしようもない状況になっていたとのことでした。

 

 

この人のようにFXで破産する人はだいたい次のような特徴があります。

 

①攻めの姿勢が強すぎる

②損切りができない

③理由のない逆張りをしている

 

 

①の「攻めの姿勢が強すぎる」というのは最大レバレッジ(国内FXならレバレッジ25倍、海外FXならレバレッジ数百倍)でトレードしたりすることです。

 

 

国内FXで最大レバレッジ25倍でトレードするということは証拠金維持率が150%を下回っていますから、少しでも逆行するとFX会社から「追加証拠金」を求められたり、あるいは強制ロスカットとなって大きく資金を減らします。

 

 

海外FXで最大レバレッジ数百倍でトレードするということは証拠金維持率が業者にもよりますが、エントリーした時点で100%を下回っているケースもあり、少しでも逆行するとゼロカット(入金したお金がゼロになる)になります。

 

 

②の「損切りができない」というのは言うまでもありません。

 

 

トレードで勝つためには損切りは必須です。

 

 

正しい負け方で資金を守って次のチャンスで勝負することが大事なのに含み損を抱えても損切りせずにひたすら含み損が減ることを祈るというパターンですね。

 

 

③の「理由のない逆張りをしている」ですが、2019年1月3日にフラッシュクラッシュという現象を思い出してもらえたらわかると思います。

 

 

当時のドル円(USD/JPY)は日足レベルで下降トレンドでした。

 

 

直近の動きは明らかな下降トレンドで「買い」は危険な行為でした。

 

 

「買いポジション」があるなら「損切り」しておかないと駄目なポイントです。

 

 

1月3日の値動きは「一番右の下ヒゲの長い陰線」です。

 

 

下ヒゲが長くなっている理由は個人トレーダー等が強制ロスカットして急落後に「売りを仕掛けた機関投資家」が手じまい(買い戻した)したためです。

 

 

普段ならこのようなことは起こりませんが、金融機関等が休みのために薄商いとなっており、「機関投資家」が売りを仕掛けやすかったと言われています。

 

 

特に理由もなく「逆張りの買い」をしていた人が狙われたということです。

 

 

このように上記の3つにあてはまる人は今一度確認してみてください。

 

 

一番大事なのは「損切りができるようになること」です。

 

 

損切りできないと大きく資金を減らします。

 

 

トレードは攻めるのではなく、資金を守るのが本来のスタンスです。

 

 

「損切りができない」ということは、ケガをしてもそのまま放置しておくのと一緒です。

 

 

出血多量で死んでしまいます・・・・

 

 

損切りをするのは「絆創膏を貼る」のと一緒です。

 

 

それに勝っている人ほど「損切りが多い」のが事実です。

 

 

破産しないように「損切り」はしっかり行いましょう。

 

 

冒頭の借金を背負った人には「借金の解決策」を3つ提案しましたが、その後返信がないので、どのような対応をしたのかわかりません。

 

 

解決して前を向いて生きていてくれれば良いのですが・・・・

 

 

借金してまでFXをするのは絶対にやめましょう!!