· 

FX 自分の売買ルール作りのポイント


こちらで少し触れましたが、取引ルール作りについて今回はもう少し掘り下げたいと思います。

 

FX 初心者 が大損をしないためのルール作りについて

 

 

スワップポイント目的の人は別としてトレード目的でFXをやる人は、

必ず売買ルールを作成していかなければなりません

 

 

理由は簡単で、たまたま勝った、負けたなどを繰り返すギャンブルではダメだからです!

 

 

データをとってそれを活用して、仮説をたてて実践したり、狙ってやっていかなければ投資とはいえませんしね。

 

 

まずは、自分がデイトレード(数分~数時間で決着をつけるトレード)をするのか、スイングトレード(数日~数週間で決着をつけるトレード)をするのかを今の生活パターンから考えてできそうな方で決めてください。

 

 

それが決まったら一から自分で考えて作っていくのは、大変なので、ネットで載っている手法や私のように情報商材の手法で始めたら良いでしょう。

 

 

手法が決まったらまずはMT4デモ口座を作って、デモトレードで取引してみてください。

 

MT4(メタトレーダー4)デモ口座開設・設定について

 

 

ある程度取引データがたまったらそのデータを検証(過去検証)してください。

 

FX過去検証について

 

 

時間がもったいない方は「裁量トレード練習君プレミアム」を使ってデモトレードをしてデータをためたあとに検証(過去検証)してもらってかまいません。

 

裁量トレード練習君プレミアム

 

 

勝てている人ならば、勝ちパターンが見えてくるはずですし、負けている人ならば、負けパターンが見えてくるはずです。

 

 

10回、20回、30回とトレードを繰り返していれば、おのずと自分の癖がわかってくるはずなので、それが悪い結果にでているならば、修正できるようにルールを作っていくわけです。

 

 

たとえば、勝ったトレードではちょっとの利益で確定し、負けたトレードではそれよりも大きい損失を確定させている傾向があるなら、まずは負けた時のトレードの損失を減らすようなルールを作るなどです。

 

 

pipsはトータルでプラスなのに、肝心の収益がなぜかマイナスになっているなら取引枚数(ロット数)を調整してみるとかですね。

 

 

FXで大事なのは負けないトレードをすることですから、是非売買ルールは作ってください

 

 


自分の売買ルール作りのポイント


最後に自分の売買ルール作りのポイントをあげておきます。

 

 

①デイトレードにするのか?スイングトレードにするのか?を決める

 

②真似する手法を決める

 

③取引枚数(ロット数)は何枚にするのか?レバレッジはどのくらいにおさえるのか?を決める

 

④投資資金が増えた時、減った時の取引枚数(ロット数)はどう調整していくのか?

 

⑤エントリーするタイミングを決める(真似する手法通りにするのか?自分流にするのか?)

 

⑥決済するタイミングを決める(真似する手法通りにするのか?自分流にするのか?)

 

⑦損切りはどうするのかを決める(何pipsで損切りするのか?直近安値をわったら損切り?)

 

⑧利確はどうするのかを決める(何pipsで利益を確定させるのか?直近高値を超えたら利確?)

 

⑨経済指標発表前のエントリーは控えるのか?影響ないと考える指標ならエントリーするか?

 

⑩トレードする通貨ペアを決める

 

⑪ポジションの持ち越しをするのか?週末持ち越しだけやめておくのか?

 

 

これを頭においてもらって、あとはトレードのデータを検証(過去検証)して、修正して自分の売買ルールを構築してください。

 

 

トレードルールの作り方を相談したいという方は遠慮なくメールをください。

 

お問い合わせはこちら