· 

相場はこれ一回限りではないと考えよう


私は「相場はこれ一回限りではない」という言葉を自分に言い聞かせるようにしています。

 

 

相場が上昇トレンドや下降トレンドなど盛り上がりをみせると「ここでエントリーしないでどうする!」と自分自身によけいなプレッシャーを与えることはよくあることだと思います。

 

 

しかし、そうして自分を奮い立たせることが良い結果を生むとは限りません。

 

 

むしろ奮い立たせたことで、まだエントリーするタイミングではない段階なのにフライングでエントリーしてしまい、その後含み損を抱えて苦しい思いをすることがよくあります。

 

 

そこで発想を変えて「相場はこれ一回限りではない」と考えることが良いのではないかと思っています。

 

 

「相場はこれ一回限りではない」と考えることによって自分を追い込むのではなく、頭をリラックスさせることが可能です。

 

 

そうすれば相場で自分の手法通り、ルール通りにエントリーできるようになるのではないかと個人的には考えています。

 

 

自分にあった相場というものがあります。

 

 

相場を全部取ってやろうと考えるのではなく、自分が得意とする場面だけでエントリーすることに重点を置き、目の前の相場に乗り遅れても、大相場であれば動きだしてからエントリータイミングをはかっても決して遅くはないと考えることが、はやる気持ちを抑えるうえで大変大事なことだと思います。

 

 

トレードは込み上げてくる欲望、中でも「儲け損なう恐怖」をいかに自分自身でコントロールできるかで、結果に違いが出てきます。

 

 

究極的には感情をあらわにせず、さらっと取引を終わらせることがトレードには必要だと思います。

 

 


儲け損なう恐怖


儲け損なう恐怖から、思わず相場にエントリーしてしまうことはありませんか?

 

 

儲け損なう恐怖とは相場が動いているのにポジションを持っておらず、「このチャンスを逃していいのか」と自分にプレッシャーを与え、居ても立ってもいられずに思わずエントリーしてしまうことです。

 

 

実はこの儲け損なう恐怖は結構タチが悪く、損失につながることが多いです。

 

 

なぜなら後先考えずにエントリーしますので、ポジションの位置が悪かったり、あるいはポジションが大きすぎたりして、その後含み損で苦しむのです。

 

 

エントリーは自分のトレードルールにそって行われるべきものです。

 

 

しかし、ひとたび儲け損なう恐怖に取りつかれると、そうした冷静さは吹き飛んでしまうものです。

 

 

アツくなってエントリーした後に、我に返って初めて「どうしてエントリーしてしまったのだろう」ということになります。

 

 

しかし、いったん持ってしまったポジションは簡単に損切りすることもできず、深みにはまってしまい思わぬ損失を抱え込むことになりがちです。

 

 

儲け損なう恐怖に打ち勝つには、決して衝動的にエントリーしないことです。

 

 

また、衝動的にエントリーして「シマッタ」と思えば、多少の損失をだしても決済してしまうことです。

 

 

相場はこれ一回限りではないので、間違ったポジションは引きずらないことです。

 

 


一番一番に勝つことを心がけておく


大相撲の勝利者インタビューで、いろんなお相撲さんから「先のことは考えず、一番、一番に勝つことだけを考えています」という言葉をよく耳にします。

 

 

トレードにおいても同じようなことがいえるのではないでしょうか。

 

 

いったんポジションを持つと、思わず爆益を夢見てしまうものです。

 

 

そのため、確率的に低い大きな利確ターゲットに執着するあまりに、何度も訪れるそこそこの収益獲得チャンスを逃してしまいがちです。

 

 

しかし、やはり一勝負、一勝負で、着実に勝つことが収益の積み上げになると思います。

 

 

言い換えれば、もっと手堅く利食いすれば良いのです。

 

 

確率的に低い爆益を狙うのはストレスがたまるだけで何もいいことはありません。

 

 

相場はこれ一回限りではありません。

 

 

チャンスはまた必ず訪れます。

 

 

一勝負終えたら、次のチャンスのために英気を養っておくようにしましょう。