· 

FXで90%(9割)が負け組は本当なのか?


FXでは一般的に参加者の9割が負け組と言われています。

 

 

でも、その根拠となるデータなどは見たことないですよね?

 

 

私も見たことないですし、探そうと思ってもそういったデータはありませんでした。

 

 

でも、気になったので何かしら根拠になるデータがないか「一般社団法人 金融先物取引業協会」のホームページを閲覧したところ、こんなものがありました。

 

 

外国為替証拠金取引の取引顧客における金融リテラシーに関する実態調査 ~調査結果報告書~(2018年)

 

 

調査目的は題名のとおり、「FXの取引者はどの程度金融リテラシーがあるのか?」、「FXの取引状況はどうなのか?」などです。

 

 

ちなみに「金融リテラシー」というのは日々の家計管理や資産形成、金融取引や保険、金利やローンの知識など、お金と上手に付き合うために必要な知識や判断力のことを言います。

 

 

調査対象は全国の20~70代の一般男女個人でサンプル数は1000の統計調査です。

 

 

前回調査から分かったFX経験者の出現率に近づけるように性別・年代別の構成をあらかじめ定め、合計1,000人を調査対象に選んでいるようです。

 

 

この調査報告書を読んでみると2017年に取引結果の内訳は「利益が1円~20万円未満」が全体の35.6%で「0円又は損失額が20万円未満」が28.4%、「利益が20万円以上」が24.7%、「損失額が20万円以上」が11.3%でした。

 

引用元:http://www.ffaj.or.jp/performance/data/report_20180927/20180927_result.pdf

 

 

あくまで2017年の1年だけの話ですが、個人投資家の約6割は年間でトータルでプラスの利益をあげていることになります。

 

 

 

なんだー、参加者の9割が負け組と言われているのは嘘だったのか!

 

 

と思いがちですが、あくまで2017年の1年間だけの話ですし、同じサンプル者で過去5年調査したら結果は変わってくるかもしれないですし、実際のところはわかりません。

 

 

 

ただ、私の肌感覚として9割が負け組というのは言い過ぎで、実際は6~7割ぐらいではないのかなって思っています。

 

 

この調査報告書でおもしろかったのは、「レバレッジ5倍未満で取引する人が全体の38.1%」と意外に多かったこと、男女で比べると「女性は男性に比べて圧倒的に低レバレッジで取引している」ことでした。

 

引用元:http://www.ffaj.or.jp/performance/data/report_20180927/20180927_result.pdf

 

 

男性は全体としてギャンブル的にリスクを高くして取引する傾向にあり、女性はリスクを低くするために低レバレッジで堅実に取引しようとする傾向にあると私は思いました。

 

 

でも、だからといって低レバレッジで取引するほうが1年間でプラスの利益をあげているというわけではなく、そこに因果関係はありません。

 

 

なぜなら「レバレッジ高めで取引している男性」のほうが「レバレッジ低めで取引している女性」よりも年間でトータルでプラスの利益をあげている割合が高いからです。

 

 

 

ただ、トレードの技術が未熟だとレバレッジ高めの取引は大きな損失をもたらす可能性が高いことは頭にいれておかないといけないと思います。

 

 

他に興味深かったのは、

 

 

あなたが外国為替証拠金取引(FX)した際に、損失を出した原因はどのような理由であると考えますか?

 

 

 

という質問に対して、回答が

 

 

・損切りができなかったから・・・56.5%

 

・根拠の薄い(または無い)取引をしてしまったから・・・37.7%

 

・損切りのタイミングが早すぎたから・・・28.5%

 

・自分に合った証拠金倍率を超えた倍率での取引をしてしまったから・・・15.0%

 

 

・値段(外国為替レート)の確認(チェック)ができない環境にあった(または、確認できる環境だったが、確認していなかった・・・11.0%

 

その他・・・4.0%

 

 

だったのですが、全部経験している私って一体・・・って思いました(笑)

 

 

その経験があって今があるので何ともいえないのですが・・・

 

 

最後にちょっとこれはマズいなと感じた調査結果があります。

 

 

FX取引で利益を出す(時には損失を出すこともあるが、総じて利益を出す)ことができる投資手法を会得しているか?

 

 

という問いに対して、回答が

 

 

・会得している・・・40%

 

 

・会得していない・・・60%

 

 

でした。

 

 

これって要するに過半数を超える人が自分なりの売買ルール(トレードルール)がなく、なんとなくでFX取引を行っているってことです。

 

 

これは非常にマズいです!!

 

 

売買ルール(トレードルール)は何でも良いのですが、自分の投資環境や生活スタイル、能力に見合った投資手法を身につけ、総じて利益が出るまではデモトレード等で練習して、投資スキルを上達させていって欲しいです。

 

 

ファンダメンタル分析やテクニカル分析など、皆さん知識は習得されているはずです。

 

 

でも、理解したことを実践できるようにするには練習する以外にありません。

 

売買ルールが決まってないのに何となくでFX取引するのはやめてくださいね。

 

 

それは、ただのギャンブルですから。

 

 

外国為替証拠金取引の取引顧客における金融リテラシーに関する実態調査 ~調査結果報告書~(2018年)はこちらからPDFでダウンロードできますので良かったら読んでくださいね

 

↓↓

http://www.ffaj.or.jp/performance/data/report_20180927/20180927_result.pdf