· 

FX会社が倒産したら顧客資産(証拠金等)は全額補償されるのか?


FX会社が倒産した時のことを考えたことってありますか?

 

 

最悪のことも考えたほうが良いですよね。

 

 

その前に、銀行や証券会社が倒産したらどうなるのか?

 

 

そこも気になりますので、そこから取り上げていきます。

 


銀行が倒産したら預金や投資信託、外貨預金は全額補償されるのか?


銀行が経営破綻(倒産)したら真っ先に気になるのが、「自分の預金は大丈夫なのか?」ってことです。

 

 

預金はペイオフ制度により、1,000万円までは全額補償されます。

 

 

また、預金額につく利息も補償されます。

 

 

え!ということは?

 

 

そうです。

 

 

1,000万円を超える分については補償されないのです。

 

 

3,000万円の預金であれば、1,000万円は絶対に保証されますが、残り2,000万円については最悪全額返ってこない可能性があります。

 

 

1,000万円以上の預金がある人は、一つの銀行だけにお金を預けるのではなくて2つ3つと他の銀行にも預けて分散させたほうが良いことになります。

 

では、投資信託はどうでしょうか?

 

 

投資信託は販売会社・運用会社・信託銀行といった各機関がそれぞれの役割を果たすことで、成り立つ金融商品です。

 

 

販売会社は銀行や証券会社、運用会社はファンドなどがそれにあたります。

 

 

販売会社の銀行などが破綻した場合ですが、信託銀行が信託財産として管理していますので、何の影響もありません。

 

 

保有していた投資信託は、別の銀行に移管され、移管先の銀行で引き続き運用することができます。

 

 

ちなみに運用会社が破綻しても信託銀行が信託財産として管理していますので、移管先の運用会社で引き続き運用されるか、繰り上げ償還されることになります。

 

 

じゃあ、信託銀行が破綻したらマズいのでは?

 

 

そう思われるかもしれませんが、そこも大丈夫です。

 

 

法律で信託財産は信託銀行の保有財産とは別で管理することが義務付けられていますので、移管先の信託銀行で引き続き運用されるか、繰り上げ償還されることになります。

 

 

 

最悪、別で管理されていなかった場合でも1,000万円までを上限として補償されます。

 

次に外貨預金はどうでしょうか?

 

 

外貨預金は残念ながらその銀行が破綻すると預金(1,000万までは全額補償)のように補償はありません。

 

 

ですから、その銀行の支払い能力により補償額は変わってきます。

 

 

最悪、ゼロの可能性もあるということです。

 


証券会社が倒産したら株式など預けている資産や投資信託はどうなるのか?


証券会社が破綻(倒産)したら投資信託と同様に株式も証券会社自身の財産と別で保管するように法律で義務づけられていますので、顧客に償還されますし、他社へ株式移管をすることもできます。

 

 

もし、別で保管されていなかったとしても1,000万円までを上限として補償されます。

 

 

投資信託も同様です。

 

 

 

債権も同様です。

 


FX会社が倒産したら顧客の預けている資産などはどうなるのか?


銀行と証券会社が倒産した場合の補償などがわかったところで、FX会社の場合はどうなのか心配になってきますよね。

 

 

結論からいうと投資信託と同じ扱いです。

 

 

FX会社の固有資産とは別にして信託保全として「預入証拠金」を信託銀行に預けることが法律で義務づけられていますので、FX会社が倒産しても「預入証拠金」は全額顧客の元に返ってきます。

 

 

信託保全に金額の上限はありません。

 

 

例えば、5,000万円をFX会社に入金していたとしてそのFX会社が倒産したとしましょう。

 

 

この場合、5,000万円全額返ってきます。

 

 

もし、法律通りに別で保管されていなかったとしても1,000万円までを上限として補償されます。

 

 

これだったら単純に銀行に預けるよりFX会社にお金を預けたほうが安全じゃないのか?

 

 

資産を保管するなら銀行よりFX会社の方がいいじゃないか?

 

 

と思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

何かと手数料がかかる「外貨預金」をするより「FXをすること」を勧めるのですが、資産を安全に保管するという意味でも「外貨預金よりFXをやりなさい!」と人に勧められますよね。

 

 

損するリスクがあることに変わりはありませんが(笑)