· 

3/4~3/8のトレードシナリオ


今週は「ポンド系の通貨ペア」が強かったですね。

 

 

月曜日から金曜日までずっとロングしていれば良かったという上昇相場でした。

 

 

ユーロポンドはショートだけしれいれば勝てたという相場でもありました。

 

 

私は残念ながらNZDUSDのほうでショートポジションを持っていましたので、

ポンド系はトレードをできませんでした。

 

 

まあ、火曜日以降は私の中でのエントリーポイントはなかったので月曜日にエントリーできなかった時点で駄目だったとは思います。

 

 

NZDUSDのトレードについては2回目のエントリーが感情的になってしまってのエントリーでした。

 

 

戻り売りの形でのエントリーなので、問題ないといえば問題ないのですが、利確ポイントが近すぎて「60pips~100pips」を狙う私のトレードではエントリーしない場面でした。

 

 

なのに「NZDUSDの1回目のトレードがあまりうまくいかなかったこと」や「ポンド系の通貨ペアでロングエントリーできなかったことへの悔しさ」といった感情に振り回されてエントリーしてしまいました。

 

 

ただ、エントリーしてしまった後は少し冷静になれまして決済はちゃんと処理できたかなって思います。

 

 

1回目のNZDUSDのトレードは+53pips、2回目のNZDUSDのトレードは+6pipsでした。

 

 

トレードって本当に反省の繰り返しですね(汗)

 

 

こうやって一生続いていくのでしょうね。

 

 

 

では、3/4~3/8のトレードシナリオです。

 

 

今週の主な指標発表は以下の通りです。

 

◎3月4日(月)

 

特になし

 

◎3月5日(火)

 

12時30分 オーストラリア RBA政策金利&声明発表

 

18時30分 イギリス サービス業PMI

24時00分 アメリカ ISM非製造業景況指数

 

◎3月6日(水)

 

0時35分 イギリス カーニーBOE総裁の発言

7時10分 オーストラリア ロウRBA総裁の発言

9時30分 オーストラリア 第4四半期GDP

20時00分 トルコ TCMB政策金利&声明発表

22時15分 アメリカ ADP全国雇用者数

24時00分 カナダ BOC政策金利&声明発表

 

◎3月7日(木)

 

0時30分 アメリカ 週間原油在庫

9時30分 オーストラリア 貿易収支

21時45分 欧州 ECB政策金利&声明発表

22時30分 欧州 ドラギECB総裁の記者会見

22時30分 アメリカ 新規失業保険申請件数

 

◎3月8日(金)

 

22時30分 カナダ 失業率

22時30分 アメリカ 雇用統計:非農業部門雇用者数