· 

2/25~3/1のトレードシナリオ


先々週の木曜日から持っていたUSDCHFのショートポジションをようやく決済できました。

 

 

なかなか利確目標地点までいかず、イライラしました。

 

 

イライラの原因はマイナススワップが大きかったことだと思います。

 

 

USDCHFの場合はショートポジションを持つとマイナススワップがつきます。

 

 

マイナススワップはしょうがないのですが、7万通貨しかショートポジションを持ってないのにマイナススワップが1日あたり1000円もついてましたからそりゃイライラもしますよね。

 

 

ただ、良い面もありました。

 

 

USDCHFのポジションがなかったらポンド系でトレードを考えてました。

 

 

ところが、ポンド系の通貨ペアはすべて自分が描いていたシナリオとは逆の方向ににいってましたので、間違いなく損切りになっていたはずです。

 

 

損切りのマイナス分を回避できたと思えば、かなり良い結果に終わったのでないかと思います。

 

 

でも、今週は良い結果で終わることはできませんでした。

 

 

なぜなら、NZDUSDのショートエントリーの予約注文を随分前にいれていたのを削除し忘れていたために金曜日の深夜に約定してしまっていたからです。

 

 

なんというミス・・・

 

 

来週はまずはそのNZDUSDの処理から考えないといけません。

 

 

しかも、朝一でニュージーランドの指標発表が・・・

 

 

最悪のスタートです(汗)

 

 

では、2/25~3/1のトレードシナリオです。

 

 

今週の主な指標発表は以下の通りです。

 

◎2月25日(月)

 

6時45分 ニュージーランド 第4四半期小売売上高

19時00分 イギリス カーニーBOE総裁の発言1日目

 

◎2月26日(火)

 

19時00分 イギリス カーニーBOE総裁の発言2日目

24時00分 アメリカ パウエルFRB議長の議会証言1日目

 

◎2月27日(水)

 

22時30分 カナダ 消費者物価指数

24時00分 アメリカ パウエルFRB議長の議会証言2日目

 

◎2月28日(木)

 

22時30分 アメリカ 第4四半期GDP

 

◎3月1日(金)

 

10時15分 アメリカ パウエルFRB議長の発言

22時30分 カナダ GDP

24時00分 アメリカ ISM製造業景況指数