· 

2/8 USDCHF ショートエントリー


昨日の金曜日にUSDCHFを成行でショートエントリーしました。

 

 

 

本命はもう少し上のラインでのショートでしたが、そこまで上昇しない可能性もあったので、とりあえず3万通貨でショートエントリーしました。

 

 

来週、どこかのタイミングで追撃のショートを狙いたいと考えています。

 

 

USDCHFってショートだとマイナススワップなんですが、これがけっこう大きなマイナススワップです・・・

 

 

スワップを気にしてしまうとエントリーに躊躇しまいがちですが、そこは気にせずやっています。

 

 

スワップを気にするとスワップがプラスになるほうにしかポジションを持てないんですよね。

 

 

典型的なのが、USDJPYやAUDJPYでロングポジションしか持たないとか・・

 

 

ショートポジションを持つとUSDJPYもAUDJPYもスワップがマイナスになるんですよね。

 

 

FXで負け続けているような人の中にはスワップがプラスになるほうにしかポジションを持たないという人がけっこういます。

 

 

でも、それだと機関投資家の餌食になっちゃうからやめたほうがいいんですよね。

 

 

 

話はそれちゃいましたが、結果が出ましたら追記したいと思います。

 

 

2019年2月11日

 

朝から一体なにがあったのスイスフラン!?

 

 

午前7時からわずか10分でスイスフランを絡めた通貨ペア(USDCHF、EURCHF、GBPCHF)が100pipsほど上昇し、そのあと100pipsほどすぐに下落してほぼ上昇前に戻るという「いってこい」が発生しました。

 

 

私は先週、ショートでUSDCHFを3万通貨エントリーして土日持ち越ししていました。

 

 

それだけでなく、イフダンOCO注文でさらに10万通貨ショートをいれておりました。

 

 

今日相場を確認したのが8時半ぐらいだったのですが、3万通貨のポジションだけでなく、イフダンOCO注文の10万通貨を注文が約定してすぐに損切りになっていたようでした。

 

 

反省点は動画で述べていますので、省略しますが、やはり一番大事なのは「資金管理」ですね。

 

 

ロット数をいかに抑えるかが大事だと思います。

 

 

10万通貨のポジションに関してはもう少し抑えたほうが良かったですが、自分が許容できる損失額には余裕でおさまっているので問題はなしです。

 

 

動画のOANDAJapanだけでなく、デューカスコピージャパンでもGMOクリック証券でも同じようにポジションを持っていましたが、同じような結果だったので良かったです。

 

 

しばらく、スイスフラン絡みの通貨ペアは様子見になりましたので、その他の通貨ペアでトレードを狙っていきたいと思います。

 

 

今日は朝からすごい雪です。

 

 

嫌な予感しかしないので、今日はトレードはなしでチャート観察だけします。