· 

USD/CAD 日足 ショートエントリー


昨日、夜にGBP/NZDかUSD/CADでショートエントリーを狙おうと考えていました。

 

 

その時の考えがこちらです。

 

 

 

動画で言ってます通り、GBP/NZDは4時間足のレンジ下限ブレイクからの戻り途中でした。

 

 

シナリオとしては、4時間足のレンジ下限の反発を確認して15分足でエントリーをするというもの。

 

 

目標の利確ポイントは15分足のレンジ上限か、もしくは可能性は低いが15分足のレンジ下限と見ておりました。

 

 

もう一つのUSD/CADは日足が上昇していて前回の最高値まで到達しそうなポイントでした。

 

 

こちらは逆張りで前回の最高値付近で反発して一旦は下降するだろうというシナリオです。

 

 

そして下降した時はどこまで戻るかということを明確にしました。

 

 

逆張りで利益を伸ばそうという考えは私にはありません。

 

 

私の場合は爆死が多いものですから(笑)

 

 

この動画でも見せていますが、USD/CADに関してはイフダンOCO注文を入れておりました。

 

 

GBP/NZDに関しては15分足の動きを見ながら成行でエントリーしようと思いましたが、見ている最中に眠気に襲われたので、こちらはあきらめました。

 

 

そして結果は最悪なことに両方とも私のシナリオ通りでした。

 

 

GBP/NZDにいたっては15分足の前回のレンジ下限を大きく下抜けて4時間足の前々回のレンジの下限まで下降してました(泣)

 

 

あと1時間起きていられたらなあ・・・

 

 

ただ、USD/CADはイフダンOCO注文を入れていてそれが上手く利確ポイントまでいってくれていたので良かったです。

 

 

それぞれ+82pips、+91pipsでした。

 

 

これはうまくいきすぎましたね。

 

 

もうすぐ12月で為替も薄商いになってくるので、トレードする時はポジション量はいつもより小さい目でやっていきたいと思います。