· 

ポンド円含み損経過②


今日の朝の動画の続きです。

 

 

夜の8時ごろに撮りました。

 

 

まだ、マイクがないので、声が非常に小さいので、引き続き文字起こしです。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

2018年11月8日午後8時17分です。

 

 

ポン円の状況ですが、今はなんとか下降してきてくれております。

 

 

やっぱり前回も言ったようにここの売り圧力が強い(動画の青ライン)と見られている値(150円近辺)の圏内で一応、一旦ははじき返されたってことで見ればいいと思います。

 

 

これからの相場の展開ですが、日足レベルで見ますとこちらのこの緑のライン

(動画の緑のライン)147.3円辺りですね。

 

 

ここが意識されると思います。

 

 

だいぶ前なのですが、戻り高値になっている所を超えてダブルトップ、人によってはトリプルトップと見る人もいるのでしょうが、まあ今はそこはどうでもいいです。

 

 

デイトレードとかやるわけではないので。

 

 

で、これからの展開をシナリオとして考えていきますとこのまま下がって緑のラインで反発して上昇していくのか、もしくは私が一番望んでいる、私にとってはいい展開として緑のラインを下に突き破って下降していってくれるのか。

 

 

でも、緑のラインで反発して上昇が可能性が高そうです。

 

 

もしくは日足では意識されないかもしれませんが、4時間足で見ると戻り高値の148.2円辺りまで下降してそこから押し目買いの反発で上昇に直近ではなっていくのではないかというイメージですね。

 

 

もしくはそこは突き破って147.3円まで下降のケースも考えられますね。

 

 

というか何を話しているんだ僕は。

 

 

まあ、いずれにせよですね。

 

 

切られる(ロスカットされる)のであれば、今週中には切られると思います。

 

 

もし、切られないのであれば、来週ある程度のところまで下降してきて・・・

 

 

まあ、147.3円付近ですね。

 

 

ここを明らかに下抜けないようであれば、このあたりで損切りするというのが、一番の選択肢なのかなって思います。

 

 

さすがに147.3を下に抜けてそこからズドーンと下降とかは・・・ねえ。

 

 

仮にそうなったとしても「助かった記憶」と言いますか、それが頭にインプットされてまた同じ過ちをした時に「すぐに手動で損切りができない」っていうことをまたやらかしてしまうと思います。

 

 

147.3円で切るか4時間足レベルで146.6あたりも多少は意識されていると思うので、このあたりまで戻ってきてくれたとしたらそこで損切りをしようと考えております。

 

 

はあ、一体俺は何を言っているんだろう。

 

 

とりあえず、今はそういう状況です。

 

 

また、明日の朝もどういう状況かを動画として撮っていきたいと思います。

 

 

 

以上です。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------