· 

成功するためにトレーダーのメンタルを身につけよう


FXトレーダーとして成功するためには、成功するためのトレーダー脳を作って鍛え続けていかなければなりません。

 

◆素人トレーダーの特徴とは?

 

・トレード資金の90%~100%(レバレッジ25倍)のポジションを常に持っている。

 

・常に大きなポジションを持つために、メンタルが耐えられず、少しの含み損で損切りをし続け、利益を出すことができない。またリスクをとりすぎる。

 

・損切りができない。さらに最悪な場合、最初に決めた時間軸(時間足)を変更する。

 

・エントリーポイントがデタラメで、根拠がない。

ただ何となく思いつきでポジションを持っただけ。

 

・常にトレードをしていないと気がすまない、万年トレード病。

 

・トレード技術が未熟なのに値動きの激しい通貨に飛びつく。

ボラティリティがある=儲けられると思っている。

 

・追っかけトレードが大好き。

 

・リベンジトレードに命を燃やす。

 

・資金不足の状態でトレードする。

 

・同じポジションに固執する。

 

・早く利確してしまう。

 

・トレードに刺激を求める。トレード中毒。

 

・相場は自分の思い通り(予想通り)に動くものと思っている。

 

 

◆トレーダーとして成功するために

 

・貴重な資産を減らさない!大切に扱うこと。

 

・メンタルを強くすることも大事だが、資金管理を厳格にし、トレード技術の腕を磨くことによってメンタルに対する負担を少なくすることも考えることがとても大事である。

 

・急ぎすぎない。トレードを学ぶのに時間がかかるということを忘れない。

 

・トレードには必ず失敗があることを忘れない。

きちんと損切りを設定してロスカットになったのは、自分の大切なお金を積極的に守ろうとした証拠。

積極的に小さな損切りをしていくのが、プロ。トレードを何がなんでも維持し続けようとするのはド素人のやることである。

 

・自分は必ず成功すると自分に敬意を表す。

 

・自分の器を大きく広げ続けること。

 

・自分の感情とじっくり向き合うこと。

 

・トレードに必勝法はないと理解している。

 

・自分の性格・時間軸(時間足)・資金量を冷静に分析して、自分に合った売買ルールを自分で作りあげ、それを厳格に守っていくことが大事。

 

・トレーダーにとって大切なのは、トレード心理を理解すること。

相場は人間の恐怖心と欲によって成り立っている。それが相場の需要と供給に繋がっている。

 

・明日、円高になるか円安になるかと予想をしたり、通貨の値の変動理由を考えるのはやめること。

 

・監視する通貨ペアが自分の好きなパターン、自分の好きな間合いに入ってくるまで絶対に手を出さない、そして、資金管理と損切りを徹底すること。

 

・過ちから学び、経験を師にすること。

 

・相場があなたの判断が正しかったのか、間違っていたのか、評価する。

自分の思惑を相場に持ち込まないこと。

 

・明確なシグナルが出たら迷わず仕掛けること。自分のシナリオと違ったならすぐに損切りすること。

重要なのは自分が正しいかどうかではなく、毎回自分が決めたルール通りにトレードをすることができたかどうかである。

これをやり続けていくことしか、自信を得ることはできない。

 

・長期的に資金が拘束されるのは負けと一緒である。資金効率を常に考えること。

 

・自分で調べ、自分で考え、自分で結論を出し、自分で責任を取ること。

 

・トレードには3つのポジションがある。ロング、ショート、様子見。

様子見とは立派なポジションである。休むも相場を積極的に理解すること。

 

・トレードは利益を上げるというビジネスである。趣味的要素を一切排除すること。

 

・とにかく自分の間合いに入ってくるまで辛抱強くチャンスを待つ。

 

・ポジションは小さく持つこと。プロが大事にするのはリスクを小さくし、資金を守ること。素人はトレードでどれだけ儲けられるかを考える。素人が相場でお金を失うのはこういうことである。

 

・自分の得意なトレード手法が見つかればそれをルール化して徹底して守ること。人間は1つのことしか集中できない。自分の売買手法を決めたらそれ以外の事は一切しないこと。

 

・利益を増やすことを考えず、正しくトレードを行うことだけに心を集中させること。そうすれば必ず利益は後からついてくる。利益を増やすことを考えると、儲けの欲を満たすために自分の意志を相場に押し付けてしまうことになる。

 

 

一週間に一回私はこの言葉を書いたノートに目を通して自分を戒めるようにしています。

 

良かったら参考にしてください。