· 

ダウ理論補足(押し安値、戻り高値)


以前に書いた「ダウ理論を使った相場の転換について」の補足として押し安値、戻り高値について触れておこうと思います。

 

まず以下の図をみてください。

 

 

安値や高値にはそれぞれ2種類あります。

 

安値

押し安値

・安値

 

高値

戻り高値

・高値

 

 

◎押し安値・・・直近の高値を抜きに行くことに成功した起点となった安値

 

4は「1の高値を抜くことに成功した安値」でこれを押し安値といいます。

5は「直近の高値2を抜けなかった」タダの安値です。

 

 

◎戻り高値・・・直近の安値を抜きに行くことに成功した起点となった高値

 

6は「直近の安値8を抜くことに成功した高値」でこれを戻り高値といいます。

 

7は「直近の安値9を抜けなかった」タダの高値です。

 

 

「高値1」はどういうポイントでしょうか?

 

「高値1」から下げていったわけなので、高値1付近のポイントは売られやすいポイントと考えられ、売りのパワーが強いと思われます。

 

この付近には売り圧力がたくさんあると考えれます。

 

「押し安値4」からは「高値1」の売り圧力のポイントを抜けています。

 

ということは「押し安値4」は買いの圧力が「高値1」の売り圧力に打ち勝ったポイントですので、以下の図のようにシナリオが立てられます。

(4時間足や日足、週足、月足ぐらいの長期足で考えてくださいね)

 

 

 

同じように考えると「戻り高値6」は売りの圧力が「安値8」の買い圧力に打ちかったポイントですので、以下の図のようにシナリオが立てられます。

(4時間足や日足、週足、月足ぐらいの長期足で考えてくださいね)

 

 

では、ダウ理論の「相場の転換の明確なシグナル」とはどんな時なのでしょうか?

 

 

上の図は売り目線から買い目線へ変わる図ですが、「戻り高値」を超えたら売り目線から買い目線に変わるという意味です。

 

これがダウ理論でいう「相場の転換の明確なシグナル」です。

(4時間足や日足、週足、月足ぐらいの長期足で考えてくださいね)

 

頭の片隅においておくと役にたつと思います。

 

参考にしてもらえたら幸いです。