· 

FX 勝率にこだわることは大事か?


FXでトレードする時に勝率にこだわるかと思いますが、あまりにも勝率にこだわるとトータルでお金を減らしてしまいます

 

 

今回はそのことについて書いていきます。

 

 

Aさん、Bさんの2人の例をみてみましょう。

 

 

Aさんは勝率75%で、利確+30pips、損切りー100pipsとします。

 

一方のBさんは勝率25%で、利確+100pips、損切りー30pipsとします。

 

 

ロット数は10万通貨とし、クロス円でトレードするとします。

 

 

トレード回数は4回として当てはめてみると

 

 

Aさん(勝率75%、利確+30pips、損切りー100pips)

 

・1回目:勝利+30pips

 

・2回目:勝利+30pips

 

・3回目:勝利+30pips

 

・4回目:敗北ー100pips

 

4回トレードの結果:ー10pips

 

4回トレード後の金額:1万円のマイナス

 

 

Bさん(勝率25%、利確+100pips、損切りー30pips)

 

・1回目:敗北ー30pips

 

・2回目:敗北ー30pips

 

・3回目:敗北ー30pips

 

・4回目:勝利+100pips

 

4回トレードの結果:+10pips

 

4回トレード後の金額:1万円のプラス

 

 

いかがでしょう。

 

 

これは、極端な例ですが、

 

 

勝率25%のBさんが4回のトレードでトータルでお金を増やし、

逆に勝率75%のAさんが4回のトレードでトータルでお金を減らしています。

 

 

見てもらうとわかりますが、ただ勝率を高めるだけなら簡単です。

 

 

利幅を狭くして、損切り幅を広げればいいってだけなんですから。

 

 

FXでは勝率だけにこだわると損大利小に陥りやすいです。

 

 

いくら勝率が高くてもトータルでお金を増やせなければ、何の意味もありません。

 

 

 

ですから、利幅と損切り幅だけで勝率をコントロールしようというのは、絶対にやめるべきだと思います。

 


勝率にこだわらず、負けを減らしていくことをまずは考えよう


では、どうすれば勝率を高められるのでしょうか。

 

 

それは、

 

 

「自分のトレードのルール(トレードの手法)で勝ちやすいところでしかエントリーをしない」

 

 

ということです。

 

 

つまり、無駄なエントリーをしないようにしていくってことなんです。

 

 

無駄なエントリーをしないということは負けを減らすことにつながります。

 

 

そもそもFXでトレーダーがコントロールできるところって負けの部分だけだと思います。

 

 

利益の部分はどこまで伸びるのか、なんてわからないですから利益の部分はコントロールしにくいです。

 

 

給料はコントロールできないから、支出はコントロールして貯蓄を増やしていくのと同じです。

 

 

当然、これだけではなく、資金配分(資金のコントロール)も重要な要素となってきます。

 

 

資金配分(資金のコントロール)についてはこちら

 

FX資金管理(資金コントロール)について

 

 

最初は勝率にこだわらず、いかに負けを減らしていくかを考えてトレードしていくことが大事だと私は思います。

 

 

それに関しては、過去検証やトレード練習がいりますので、以下の記事を読んでください。

 

FX過去検証について

 

FX過去検証のやり方

 

FXトレードの練習について