· 

FXで月利30%に必要なpipsとは?


今回は、FXでトレードしていって月に証拠金の30%を増やす(月利30%)のに何pips必要か?ということについて書いていきたいと思います。

 

 

これを知ってトレードするのと知らないで漠然とトレードするのでは、精神的にだいぶ違ったものになってきますので、初心者の方には是非読んでおいてもらいたいです。

 

 

FXだとどうしても「pipsをいかに多く稼ぐ」ことに注力してしまいがちですが、それだと精神的にマイってしまってトレード自体継続して行っていくことができません。

 

 

少なくとも私はその壁にぶち当たり、かなり悩みました。

 

 

いかに多く伸ばそうかと考えていたものの、デイトレードでは限界があるし、かといってスイングトレードではポジション数を落とさないと駄目なので、pipsを稼げても肝心の金額が稼げない、どうしたもんか?と。

 

 

そこで逆算して計算してみることにしたんですね。

 

 

なんとなくですが、月利30%なら自分として満足できる数字だったので、それを達成するために週で何pips獲れば良いか?、1日あたり何pips獲れば良いか?を計算していきました。

 

 


月利30%達成のための1日あたりの獲得pips計算の方法


では、月利30%を達成するための1日あたりに必要な獲得pipsを計算していきましょう。

 

 

まず、1か月を4週間と考えて週利何%必要かを計算します。

 

 

それを計算すると

 

30%÷4週間=7.5%/週間

 

となり、1週間に7.5%の週利を達成すれば、月利30%を達成することがわかります。

 

 

次に1週間を5日(土曜日、日曜日は相場は休み)と考えて日利何%必要かを計算します。

 

 

それを計算すると

 

7.5%÷5日間=1.5%/日

 

となり、1日に1.5%の日利を達成すれば、月利30%を達成することがわかります。

 

 

では、ここから証拠金を6万円とし1日に何pips獲れば、

月利30%(金額にすると18,000円増やす)になるかというのを

計算していきます。

 

 

先ほどの計算で1日に1.5%の日利が必要だということがわかっていますので、まずは1日に稼ぐ金額を計算します。

 

 

計算すると

 

6万円×1.5%×1/100=900円(1日に稼ぐ金額)

 

となります。

 

 

1日900円を稼ぐためのpips数は1万通貨(日本1Lot,海外0.1Lot)取引ですと

 

クロス円(米ドル円、ユーロ円、ポンド円など)なら9pipsです。

 

ドルストレート(ユーロ米ドル、ポンド米ドル、オーストラリアドル米ドル)なら約8pipsです。

 

 

ということで証拠金6万円で月利30%(18,000円増やす)を達成するには

1日あたり1万通貨(日本1Lot,海外0.1Lot)取引

 クロス円なら9pips

ドルストレートなら8pips

獲得していく必要があります。

 

 

資金管理の面を考えると証拠金6万円の例は、ほぼフルレバレッジの25倍で取引していますし、必要証拠金の10%以上のポジション数ですので、リスクは当然あります。

 

 

ただ、トレード技術を磨いてある程度安定している人であれば、必要証拠金の10%ぐらいまではポジションを持ってもいいと思っています。

 

 

証拠金20万円なら2万通貨、30万円なら3万通貨、50万円なら5万通貨、100万円なら10万通貨というふうにです。

 

 

私はビビりなので必要証拠金の1%ルールを守り続けてますが(笑)

 

 

別に月利30%と高い目標でなくても月利15%でもいいと思うんですよ。

 

 

月利15%ならだいたい1日5pips獲得で上の証拠金6万円(1万通貨取引)だと達成できます。

 

 

特に会社員の人なんか仕事帰りでトレードする時間をとるのが厳しいですから「1日5pips」獲得を目指すとかでいいと思います。

 

 

私も会社員時代はそういう考えでやるようにしていました。

 

 

今は時間が取れるので、もちろん違いますが。

 

 

1日5pipsでも積み重ねていけば、大きな財産となりますし、証拠金が膨らんでいけば、当然それにあわせてポジション数も引き上げていくので、複利効果でスゴイことになります。

 

 


安定したトレードを確立してから月利のことは考えよう


ここまで月利30%を達成するまでの計算方法など書いてきましたが、注意してほしいのは、

 

 

あくまで

「安定したトレードスタイル」を確立してから月利のことは考えて欲しい

ということです。

 

 

トレードが安定してある程度トータルで負けないスタイルが確立してからでないと月利のことを考えても「机上の空論」です。

 

 

トレードは安定していること前提で、もっとpips数を稼ぎたいとか悩んでいる時に考えてもらえれば…ということです。

 

 

その段階に行っていない人は自分にあったトレードスタイルを確立することにまずは専念してもらいたいと思います。

 

 

私のトレードスタイルは月利3~5%です。

 

 

月利30%は一時的には可能ですが、ほとんどの人たちは長期間ではうまくいかず、資金を溶かしてしまいます。

 

 

私がそうでした。

 

 

月利3~5%でも年利ですと40~50%ですからそんなにしょぼくはないはずです。

 

 

まずは安定したトレードを目指したいという方はこちらをどうぞ。

 

私のトレードスタイル

GMOクリック証券