· 

FXのトレードはpipsに注目し、金額で考えない一貫性のあるトレードをしよう!


今回は、ちょっと趣向を変えて「トレードする際に金額で考えずにpipsに注目してください」という話をしたいと思います。

 

 

なんでこんな話をするかというと金額で考えてしまうとトレードに関するルールがぶれてしまうからです。

 

 

例えば、あなたが1万通貨で取引していたとしましょう。

 

 

クロス円(ドル円、ユーロ円、ポンド円など)でトレードすると1pipsで100円変動しますから、+10pipsで1000円、10pipsー1000円となります。

 

 

で、あなたは1万通貨ではちゃんとルール通りにエントリーし、決済もルール通りに行い、資金が増えていきました。

 

 

ポジション数は資金の割合に応じて決めていたので、ある時から1回あたりのポジションを2万通貨にしました。

 

 

クロス円(ドル円、ユーロ円、ポンド円など)でトレードすると1pipsで200円変動しますから、+10pipsで2000円、10pipsー2000円となります。

 

 

ここでもあなたは2万通貨でちゃんとルール通りにエントリーし、決済もルール通りに行い、資金が増えていきました。

 

 

そうしているうちに資金が増え、1回あたりのポジションを5万通貨でできるところまで資金が増えたとします。

 

 

5万通貨だとクロス円(ドル円、ユーロ円、ポンド円など)でトレードすると1pipsで500円変動しますから、+10pipsで5000円、10pipsー5000円となります。

 

 

で、あなたはまたルール通り5万通貨でエントリーしたとします。

 

 

ところがここで異変が起きます。

 

 

ルール通りにエントリーしたのはいいのですが、いつも通り20pipsで損切りしようと思ってもなぜか体が反応しません。

 

 

含み損が20pipsでは、5万通貨の場合ー10000円となるのですが、pipsよりもこのマイナスの含み損の金額に目がいってしまったせいで、損切りしようと思ってもできなくなってしまったわけなんですね。

 

 

それは、当然のことで、1万円のマイナスといったら普通の人には大きな金額です。

 

 

これに無反応でいろ!ってほうが無理です。

 

 

金額を見てしまうとどうしてもプロスペクト理論の記事で書いたように「人間の損失をできるだけ避けようとする本能」で損切りがなかなかできなくなってくるからです。

 

 

損切りの話だけでなく、金額を見てしまうと利確においても「人間の損失をできるだけ避けようとする本能」でちょっとでも含み益がでたら利確してしまうのです。

 

 

ですから、トレードが金額を考えたトレードに変わってしまい、本来のルールからかけ離れたものになりやすいってことです。

 

 

金額だけで考えるなら100万通貨のポジションなら1pipsで1万円の変動なので、5pips獲るだけで5万円ですから、そりゃあすぐ利確したくなるでしょって話です。

 

 

でも、逆に100万通貨で5pipsなら-50000円になり、なかなか損切りできなくなります。

 

 

資産が億以上ある人ならなんとも思わない金額なので、どうってことなくルールを守ったトレードが可能でしょうが、一般の人はなかなかそうはならないはずです。

 

 

ですから、トレードするときは金額を見ずにpipsで見てトレードしてください

 

金額のことなんか何も考えていない人は強いですよ~

 

 

やり方としてはMT4でトレードしている人なら

 

表示 ⇒ ターミナル ⇒ 取引 ⇒ 損益を右クリック ⇒ 損益表示形式 ⇒

ポイントで表示

 

にするとpips表示することができます。

 

 

ただし、残高は金額表示にままですので、ターミナルの表示幅を自分で調節してその部分は見えないようにしてください。

 

 

MT4のチャートを見ながらスマホでトレードしている人は、エントリーと決済の時以外はスマホを見ないようにすればOKです。

 

 

こうするだけで、だいぶ違いますので、ポジション数を増やして急にトレードルールがぶれてしまったり、精神的にしんどくなった人は一度試してみてください。