· 

FX マルチタイムフレーム分析 について


FX用語その①に載せたマルチタイムフレーム分析についてちょこっと書いていきたいと思います。

 

 

FX用語その①はこちら

 

FX用語その①

 

 

マルチタイムフレーム分析とは複数の時間足を見てトレードのタイミングを判断する方法ですが、具体的に言うと

 

 

複数の大きい時間足を見て相場の状況やトレンドを把握し、その方向にそって小さい時間足でエントリタイミングを判断する

 

 

ということです。

 

 

例えば、4時間足と1時間足をみて上昇トレンドと判断し、その方向(上昇)にそって5分足でエントリタイミング(買い)を判断するなどです。

 

 

なぜ、こんな面倒なことをやるかといいますと相場は上位足ほど見ている人が多く、大きい時間足の方向に行きやすい特徴があるのと小さい時間足でトレンドが発生していても大きな時間足の方向に逆らっていれば、

 

 

エントリー後、大きい時間足の波に吸収され、逆行してしまうということが起こってしまう

 

 

からなんですね。

 

 

小さな波は大きな波にのみこまれる、これです。

 

 

もちろん、小さい時間足の波が波及して、それが大きい時間足の波に影響を与えてトレンドが転換する場合もあります。

 

 

 

でも、小さな波は大きな波にのみこまれるよりも発生する頻度は少ないはずです。

 


大きい時間足をみてトレードしよう


じゃあ、どういう組み合わせがいいかと言いますとあくまで私の経験ですが、

 

 

大きい時間足:日足 トレードする時間足(小さい時間足):1時間足

 

大きい時間足:4時間足 トレードする時間足(小さい時間足):15分足

 

大きい時間足:1時間足 トレードする時間足(小さい時間足):5分足

 

 

このような感じです。

 

 

おいおい、複数の大きい時間足を見ないとダメなんだろって突っ込まれるかと思いますが、結論がこれだったんです。

 

 

最初は大きい時間足を日足・4時間足・1時間足とし、3つの時間足でトレンドを把握するようにしてトレードする時間足(小さい時間足)を15分足としてました。

 

 

購入した商材がそのような手法だったからです。

 

 

でも、複数の時間足をみてだと混乱するんですよ(;^_^A

 

 

判断できない場合が多かったんです。

 

 

曖昧さがどうしてもでてしまいがちで…

 

 

未熟だと言われたらそれまでですが、私にはこのシンプルさがあってました。

 

 

ネットに載っていて、本当かなと思ってそこそこ検証作業をしたんです。

 

 

そしたら、悪くない結果が出て、このような組み合わせでやったら上手くいくようになりました。

 

 

人それぞれ自分にあったものがあると思いますが、シンプルにすることも大切かなってこの時思いました。

 

 

いずれにしても、大きい時間足をみずに小さい時間足だけでトレンド判断をしてトレードすることだけは、やめていただきたいですね。

 

 

 

百戦錬磨の専業トレーダーさんは別ですが…