· 

FX トレンドとレンジの見分け方


今回はFX用語その①に載せたトレンドとレンジの見分け方について書きたいと思います。

 

 

FX用語その①はこちら

 

FX用語その①

 

 

ろうそく足をみればわかるじゃないかと言われるかもしれませんが、初心者の方には必須となりますので、馬鹿にせず見てください。

 


トレンドとレンジの見分けはボリンジャーバンドを使う


トレンドとレンジの見分け方はボリンジャーバンドを使います。

 

 

ボリンジャーバンドはFX用語その②に載っていましたね。

 

 

FX用語その②はこちら

 

FX用語その②

 

 

ボリンジャーバンドの設定の仕方は以下の通りです。

(画像クリックで拡大表示します)

 

 

①挿入⇒インディケータ⇒Bollinger Bands

 

 

②期間「20」、偏差「2」で設定

 

 

③下の画像になればOKです

 

 

設定は終わりましたね。

 

 

 

では、下の画像を見てください。

 

 

〇の中のろうそく足に注目してください。

 

 

まず、ボリンジャーバンドが拡がっているのがわかりますね。

 

 

そして〇の中のろうそく足は三本のまんなかの線より上に位置してます。

 

 

この2点から〇のあたりは上昇トレンドになっていることが判断できるのです。

 

 

 

引き続き下の画像をみてください。

 

 

〇の中のろうそく足に注目してください。

 

 

こちらも同じようにボリンジャーバンドが拡がっているのがわかりますね。

 

 

そして〇の中のろうそく足は三本のまんなかの線より今度は下に位置してます。

 

 

この2点から〇のあたりは下降トレンドになっていることが判断できるのです。

 

 

 

では、こちらの画像はどうでしょう。

 

 

□の中のろうそく足に注目してください。

 

 

ちょっとわかりにくいと思いますが、上下にいったりきたりしてますよね。

 

 

そして、3本の線が平行っぽくなっており、収縮しているように見えます。

 

 

 

この状態から□のあたりはレンジだと判断できるのです。

 


まとめ


トレンドとレンジの見分け方をおさらいしましょう。

 

 

①ボリンジャーバンドが拡がっていて、ろうそく足が真ん中の線より上にあれば、上昇トレンド

 

 

②ボリンジャーバンドが拡がっていて、ろうそく足が真ん中の線より下にあれば、下降トレンド

 

 

③3本線が平行っぽくて、収縮しているようであれば、レンジ

 

 

いかがでしょう。

 

 

トレンドと思えるようなところもボリンジャーバンドを使えば、レンジになっていることがわかったりします。

 

 

まあ、ボリンジャーバンドを使わなくても水平線(ライン)を引けば、レンジかどうかは判断できるのですが、それはまた別の機会にお話ししたいと思います。