· 

FXの儲け方の仕組み


FXはレバレッジをかけて為替レートの変動で儲けることが狙えるものです。

 

 

例えば、1ドル=100円のときに10万円で1,000ドルを買ったとします。

 

 

為替が変動し、1ドル=105円になったら手持ちの1000ドルは10万5千円になります。

 

 

この時に日本円に換金すると

 

 

10万5千円ー10万円=5千円

 

 

の利益となります。

逆に為替が変動し、1ドル=95円になったら手持ちの1000ドルは9万5千円になります。

 

 

この時に日本円に換金すると

 

 

9万5千円ー10万円=-5千円

 

 

の損となります。

これは外貨預金の話ですが、FXはそれ以上の大きな金額で取引できる、つまり、レバレッジをかけて取引できるということです。

 

 

100万円分の外貨を数万円で取引できてしまいます。

FXの仕組みは単純で100円から上がると思ったら買い(ロング)で入り、下がると思ったら売り(ショート)で入り、その後に思った方向に伸びてくれたら利益がでるし、思った方向と逆に進んでしまったら損失となります。

 

 

この買いで入る時(売りで入る時)にレバレッジをかけて取引できるということは、大きな利益が期待できる分、大きな損失も被る可能性もあるということです。

 

 

そこが、FXがギャンブル性が高いと言われるゆえんです。

 

 

ただ、外貨預金するなら絶対にFXをしなさい、ということは言えます。

 


外貨預金よりFXが良い理由


銀行の外貨預金は、FXでレバレッジ1倍で取引するのと同じです。

 

 

銀行の外貨預金は、手数料がハンパなく高いです。

 

 

FXならスプレッド分だけですので、銀行の手数料の50分の1~300分の1で済みます。

 

 

FXでは通貨の売値のことを売りレート(ビッド)、買値のことを買いレート(アスク)といいますが、そのビッドとアスクの間に生じた差額のことをスプレッドと呼びます。

 

 

例えば、通貨ペア「ドル円」のレートが、「売値:112.768」で「値:112.771」だとしたら

 

「売値:112.768」ー「買値:112.771」=「0.003」

 

となり、「ドル円」はレートが円表示なので「1000分の3円」、すなわち「スプレッドは0.3銭」と表します。

 

 

このスプレッドの中からFX会社は手数料にかわる利益を確保していますので、取引手数料を無料としているのです。

 

 

また、外貨預金は中途解約すると中途解約の手数料もとられますが、FXにはそういうのはありません。

 

 

でも、外貨預金には金利がありますよね。

 

 

ところが、FXにも外貨預金と同じようにそれにあたるスワップポイント(スワップ金利)があります。

 

 

スワップポイント(スワップ金利)とは、金利の異なる2種類の通貨の取引保有日数によって発生する、金利差調整分のことを言います。

 

 

このスワップポイントは、2種類の通貨のうち低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買えばスワップポイントを利益として受け取ることができますが、逆に高金利の通貨を売って、低金利の通貨を買えばスワップポイントをその差額分として支払うことになります。

 

 

スワップポイントは日々変化し、政策金利が大幅に変更されれば大きく変化します。

 

 

FXは取引する通貨にもよりますが、毎日スワップポイントが入り、外貨預金と違って満期日まで待つ必要もなく、解約(FXでは買いか売り)ができます。

 


FXは月曜日の早朝から土曜日の早朝まで取引できる


いきなり勉強しないで、FXで為替差益だけの目的で取引するのは絶対にやめてほしいですが、外貨預金の代わりと考えているのであれば、オススメです。

 

 

FXはレバレッジ1倍で取引を行えば、外貨預金とリスクは同じで、外貨預金の金利のようにスワップポイント(スワップ金利)を受け取る事ができ、さらに手数料(スプレッド)も安いです。

 

 

FX会社によっても違いますが、月曜早朝~土曜早朝の間であればいつでも取引できるので、総合的に判断すれば、外貨預金よりもFXのほうが有利といえますよね。