· 

投資に向いている人と向いてない人 プロスペクト理論から考えてみる


自分が投資に向いているか、向いていないかを判断するものとして

 

プロスペクト理論

 

があります。

 

 

今回はそこから考えてみたいと思います。

 

 

プロスペクト理論というのは、心理学の要素が強い理論です。

 

 

簡単にまとめると

 

人というのは利益を得る場面ではリスク回避を優先し、

 

それとは逆に損失を被る場面では損失を可能な限り回避しようとする傾向がある

 

という心理学理論になります。

 

 

ここで簡単な質問を2つ出します。

 

 

それぞれの質問で①か②か自分が良いと思う方をそれぞれ選択してください。

 

 

質問1

 

①絶対に100万円もらえる。

 

②60%の確率で200万円もらえるが、40%の確率で何ももらえない。

 

 

質問2

 

①絶対に100万円損をする。

 

②60%の確率で200万円損をするが、40%の確率で何も損をしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、あなたはどちらを選択したでしょうか?

 

 

この質問で数学的に正解なのは、

 

質問1では②を、質問2では①を選択するのが正解です。

 

 

しかし、実験ではほとんどの人が、

 

質問1では①を、質問2では②を選択してしまったそうです。

 

 

 

質問1から見ていきましょう。

 

 

①を選択したほとんどの人は

「40%の確率で1円ももらえないよりは、堅実に100万円をもらっておくほうが良い」

と考えるのです。

 

 

つまり、利益を得る場面では、リスク回避を優先するという人間の心理が働いていることになります。

 

 

では、質問2はどうでしょうか。

 

 

②を選択したほとんどの人は

「40%の確率で何も損をしない可能性があるならば、絶対に100万円損をするという選択よりはマシだ」

と考えるのです。

 

 

つまり、損失を被る場面では損失を可能な限り回避しようとする人間の心理が働いていることになります。

 

 

このことから人間の本能というのは、

 

利益が前にぶらさがっていれば、確実に取れる利益を取りにいくし、

 

損失を目の前にすれば、その全てを回避しようとする

 

ことがわかります。

 

 

FXで例えると

 

負けている人は一気に多くの金額をつぎ込んだり、ロット数を一気に増やしたりしますが、結局のところ負けている人は負け分を取り戻したい(負けそのものを回避したい)と思っているので、その結果大量のお金を失ってしまうような状況になっているのが実情です。

 

 

また、感情のままにトレードを繰り返すと損大利小になってしまいがちですが、それも人間の本能からきています。

 

 

私もそうでした(^^;

 

 

人間というのは利益よりも損失に敏感に反応しちゃうわけなんですね。

 

 

じゃあ、投資で食っている人は、最初から質問1と2を数学的正解と同じ正解だったかというとそうではありません。

 

 

損失を受け入れたくないのが人間の本能であるということを理解したうえで、自分なりのルールを作ったりしているのです。

 

 

人間の本能を理解して対策をたてているわけです。

 

 

投資に向かないというのが、人間の本能からきていますので、

そのような前提条件があると理解した上で投資を継続して勉強していけば、

投資に向いている人になれると私は思いますね。