· 

バイナリーオプションは投資なのかギャンブルなのか?


今回はバイナリーオプションについて書いていきたいと思います。

 

 

バイナリーオプションとは「上がる」か「下がる」かを予想して当てるものです。

 

 

例えば、ドル円(USD/JPY)が現在105円として

 

 

1分後に「上がる」か「下がる」か予想し、

 

 

1分後に予想が当たれば、勝ちです。

 

 

判定時間は30秒、60秒、3分、5分、10分などいろいろ設定できるので、気が短い人は30秒後の予想でやるようです。

 


バイナリーオプション業者への規制


ちなみに現在の国内のバイナリーオプションのサービスを提供している会社では5分などの短い判定時間での取引を行うことはできません。

(海外のバイナリーオプションは現在でも短い判定時間で取引できます。)

 

 

2012年頃までは、短い判定時間での取引も行うことができましたが、

 

 

「ギャンブル性が高く、投資家のまぐれ当たりによる利益を願う気持ちをあおる」

 

 

ものとして行政上の指導が入ったことで、各社は自主規制を行いました。

 

 

2013年には関連法も整備され、金融庁の許可を得た会社だけバイナリーオプションのサービスを提供できることとなりました。

 

 

取引ルールも変わり、以下の3つに統一されました。

 

 

・1回の予想の判定時間は2分~2時間で設定する。

 

・ペイアウト金額が固定されていて、購入するオプションの金額が変動する(ペイアウト率が高い=購入代金が安いという事)

 

・単純な上げるか下がるかの取引は廃止となり、上がるか下がるか型の取引については、ヨーロピアンタイプのラダーオプション(目標レートが設定されており、そのレート以上になるか以下になるかを判断する)に統一された。

 

・権利放棄(途中清算)ができる。

 

 

ちょっとわけがわからないかと思いますが、要するに

判定時間が長いものほど、当たれば儲けがでて、

短い時間で当ててもほとんど儲からない仕組み

になっています。

 

 

でも、権利放棄(途中清算)ができるという点は顧客に良いサービスとなっていると思います。

 

 

予想が途中で違うと思ったら権利放棄(途中清算)することで損失を軽減できますし、権利放棄(途中清算)することで勝つこともありえますから。

 


海外のバイナリーオプションは勝率5割だと負けになる


海外のバイナリーオプションのペイアウト率は最大で1.8倍ぐらいのところがほとんどです。

 

 

例えば、10,000円賭けたら当たれば18,000円戻ってきます。

 

 

なぜ2倍の20,000円戻ってこないかというと、手数料として抜かれているからです。

 

 

10,000円賭けたケースだと20,000円ー18,000円=2,000円が業者の手数料となります。

 

 

10,000円賭けて18,000円戻ってくるということは、実質8,000円のプラスです。

 

 

リスクが10,000円でリターンが8,000円・・・厳しい戦いです(笑)

 

 

勝率6割で少しお金が増えて、5割ならお金が減ってしまいますね。

 

 

ペイアウト率がもう少し低ければ、勝率6割でもお金がへってしまうでしょう。

 

 

 

勝率4割でもお金が増える株やFXよりも難易度が高いです(;^_^A

 

 

手軽にできますが、株やFXよりも良い投資として考えることは私にはできないです。

 

 

FXについてはこちら

 

FX(外国為替証拠金取引)とは?

 

 

もし、バイナリーオプションやるなら海外は絶対にやりません。

 

 

損失がコントロールできる国内のバイナリーオプションを私は使います。

 

 

かなり、研究しないといけないと思いますが。。。

 

 

バイナリーオプションはやり方を考えれば、投資となりえるものだと思います。

 

 

ただ、バイナリーオプションは投資として考えても良いと思いますが、それよりも良い投資がありますよねって話です。